ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
今年三回目シリーズ中  2020年 With COVID-19

車での直行直帰が明日まで、金曜日は在宅勤務というのが、今週の予定です。

が、今まではこのパターンがイレギュラーだったのですが、来月はこのパターンがレギュラーパターンになりそうです。

来月から転勤なので、これからは仕事の行き帰りでは寄れなくなり、温泉旅でも寄る事がまずなさそうな、

クリックすると元のサイズで表示します

圏央道の菖蒲パーキングエリアに立ち寄ります。

クリックすると元のサイズで表示します

このシリーズでは、東北道の蓮田、関越道の三芳、圏央道の菖蒲、狭山に寄っていましたが、これから一番寄らなそうな菖蒲で一休み。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長閑な景色が広がる、心和むパーキングエリアです。

1

部分最適、全体最適  2020年 With COVID-19

テレビでコロナ話題が多いのは、こういう情勢なので無理がありませんが、感染を広げないという専門家と、こんな自粛では経済が大恐慌に陥ってしまうという、部分最適観点のどちらかが一方的に意見を述べているばかり。

自粛しないで感染がここまで広がり、でも経済は通常と変わらないという仮説も、感染者がこれだけ出れば、結果はこれだけ悪影響が出るという仮説も出てこない。

本来は全体最適観点から政治家や官僚が絵を見せるべきで、現状全く見せる気配が無ければ、マスコミが絵を出してみるとかで、その上で議論になるはずなのに、紅組か白組のどちらが好きかみたいな話が多いなあ。

部分最適観点の延長で、自粛しないのはたるんでるとか、自粛しているから倒産が増えていくという事ばかり取り上げられる。

オリンピックだって、選手や観客が来なかったりしても予定通りやる場合、秋冬に延期してやった場合、来年以降順延の場合、中止の場合で10年スパンくらいで見たらどうなるかという仮説があって然るべきと思うのですが、秋冬ではこの会場は予約が入っているから無理っぽいとか、中止したことは過去あったけど順延したことはないとか、どれも最もな意見だけど、全体最適観点での意見は見ません。

お客様との話でオリンピック後の景気はどうなるやらみたいな話がしばしば出ていたわけなので、いくつかのシミュレーションが出て来ないのが不思議です。

国が意図的に隠して、ある方向に進めているならば、マスコミは批判すべきだし、実はそんなシミュレーションを考えずに、進めているならば、それだって問題ですよね。

全体最適をできる訳がないのは承知していますが、そういう観点がなく、ないことすら問題にならないのが変だなあと思う3月です。

桜はそんな世の中でも、咲いていますが。

クリックすると元のサイズで表示します

自分の仕事は不要不急なのかとか、温泉に行けなくなると嫌だとか、今年は台湾に行けないのかとか、極めて個人的な事しか考えない私から見ても不思議な世相です。
0

今年三回目シリーズ開始  2020年 With COVID-19

今朝は電車で通常出勤。

3月に入ってからは変わらずの、通常よりはマシだけど、予防観点からはダメな混雑ぶり。
今夜の帰宅からは車通勤になります。

夜は空いていて、電車で帰宅するよりやはり早いというパターン。

でも、アホな運転をする馬鹿を三台くらい見る羽目になり、コロナより危ないと思えるのがある意味バカらしい感じです。

今週はこのシリーズでの通勤になります。

それにしても、首都封鎖になるとどういう生活になるのだろう。

サンフランシスコの三週間封鎖では、

外出できるのは(1)食料調達(2)親戚や友人の世話(3)必要な医療(4)不可欠な仕事。集団でなければ散歩やサイクリングも許容されるが、他の人とは少なくとも6フィート(1.8メートル)間隔を空ける。

「できないこと」としては、(1)他の人とのグループ活動(2)食材を持ち寄って開くパーティー(3)バーやナイトクラブに行くこと(4)ネイルサロン、床屋での散髪(5)不可欠ではない物品の買い出し(6)公共交通機関や自家用車による不必要な旅行とのこと。

不可欠な買い物とは、例えば缶ビールを買いに行ってはいけないのか、不可欠ではないからなあ。

不可欠な仕事をしているのかなあ?

間隔を狭めて来る人がいたら、離れないといけないのか?

うわっ、想像がつかない。

そして、不必要な旅行はダメ。

温泉に行って、免疫力を強化したいんです、と言うと不必要、必要のどちらに判断されるんだろう。

塩原の温泉街は閑散とし、大きなホテルは休業という所がありましたが、宿泊した宿は全10室が満室。

お風呂はほとんど一人で入っていたし、でも帰りの特急スペーシアは一週間前に予約した時はガラガラだったのに、乗ってみるとほぼ満席。

まあ、現実も、これから起こりうる事も、わからないことが多いものです。



0

帰りの寄り道  只今、旅行中

宿の朝食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂に入りチェックアウト。

いろいろユニークな赤沢温泉旅館を後にして、箒川の対岸の塩原支所から、

クリックすると元のサイズで表示します

上三依塩原温泉口駅行きのバスに10分ほど乗り、別当坂というバス停で下車。

塩原温泉郷の未入湯温泉地である上塩原温泉にある

クリックすると元のサイズで表示します

旅館まじま荘に立ち寄り湯します。

正直期待していなかったのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

歩行湯、ジャグジーの寝湯もある内湯と

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂のあるというお風呂で、造りはまあ普通。

しかし、自家源泉掛け流しのお湯が、

クリックすると元のサイズで表示します

ツルッとしたいい浴感。

次のバスまでの1時間の間での入浴でしたが、結構ギリギリまで入ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

再びバスに乗り、上三依塩原温泉口駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

何もない駅ですが、駅員から切符を買って、

クリックすると元のサイズで表示します

野岩鉄道の各駅停車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

車中で

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りビールを飲みながら、

クリックすると元のサイズで表示します

湯西川温泉、

クリックすると元のサイズで表示します

川治温泉と

クリックすると元のサイズで表示します

温泉地を過ぎて行きながら、

クリックすると元のサイズで表示します

新藤原駅で更に

クリックすると元のサイズで表示します

東武日光行きに乗り継ぎ、鬼怒川温泉駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

そこからは特急きぬ、

クリックすると元のサイズで表示します

スペーシアで帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します

SL大樹とすれ違い、

クリックすると元のサイズで表示します

鬼怒川を渡り、下今市に着くとほぼ満席になります。

鬼怒川温泉駅の駅弁を食べながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2時間弱で北千住駅に到着し、

クリックすると元のサイズで表示します

旅はおしまいです。

夜は

クリックすると元のサイズで表示します

鬼怒川温泉駅の駅弁を食べて、本当に今回の旅が終わってしまいました。
0

連泊中日  只今、旅行中

朝起きて、外に出てみると、

クリックすると元のサイズで表示します

どこから来たのか、

クリックすると元のサイズで表示します

ネコが動かずじっとしています。

今日も部屋には、遊びに来てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

昼寝していても、一緒に寝てます。

クリックすると元のサイズで表示します

更にはイヌとお散歩。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂の行き帰りに館内で、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ネコに会ったり、動物と触れ合ってのお篭りです。

昼だけ、

クリックすると元のサイズで表示します

宿から歩いて10分ほどの食堂で、煮込み定食と海老団子の昼食を食べに出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

普通だけど美味しい。

温泉街の古町地区までは2キロ以上あるので、近場で済ませてしまいました。

夕暮れの空を眺めて、

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂に入って、

クリックすると元のサイズで表示します

ぼんやりしているうちに、

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に

クリックすると元のサイズで表示します

1日がおしまいです。

命の洗濯になりますね。
1




AutoPage最新お知らせ