ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
庄内温泉郷湯めぐり(2)湯野浜温泉  只今、旅行中

湯田川温泉を後にして、

クリックすると元のサイズで表示します

鶴岡から乗り継いだバスは、

クリックすると元のサイズで表示します

湯野浜温泉行きです。

50分ほど乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

日本海に面した温泉街である

クリックすると元のサイズで表示します

湯野浜温泉に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

バス停には、観光案内所、足湯があり、

クリックすると元のサイズで表示します

観光案内所のあるビルには、

クリックすると元のサイズで表示します

下区公衆浴場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

入浴料金330円。

シャワーはありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルなお風呂。

浴槽に、湯野浜1〜5号泉混合泉である熱めのナトリウム・カルシウムー塩化物泉が掛け流し。

気持ちが良くなります。

小上がりの休憩スペースもある

クリックすると元のサイズで表示します

共同浴場です。

もう一つ、上区公衆浴場にも入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの入浴料金220円、シャワーなくカランと浴槽があるだけのよりシンプルな作り。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては、こんな建物であったのですね。

更に海から10分ほど山の方に入った「龍の湯」という旅館にも

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯しました。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな旅館です、宿泊候補にいれませんでしたが、湯野浜共同源泉と、自家源泉の単純アルカリ泉と二つの源泉を使い分けていて、

クリックすると元のサイズで表示します

思い立って、立ち寄り湯しました。

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかい優しいアルカリ泉にも入れるのは、大ありでした。

クリックすると元のサイズで表示します

飲泉所や足湯もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

お湯を大切にしているようですし、

クリックすると元のサイズで表示します

館内の雰囲気も、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いい感じでした。

3時間半くらいかけて立ち寄り湯ハシゴを楽しみ、宿へ。

クリックすると元のサイズで表示します

全5室のこじんまりした宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋は広く、お風呂も

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルですが、熱めの共同源泉が掛け流し。

充分です。

台風19号接近で、こんな警報が

クリックすると元のサイズで表示します

出るような天気で、

クリックすると元のサイズで表示します

この温泉街の売りである日本海に沈む夕陽は、見るべくもありませんが、それなりに楽しい湯めぐりと宿泊です。

1




AutoPage最新お知らせ