ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第15回台湾旅〜2日目〜  海外旅行

昨夜は1時過ぎに寝て、起きたのが4時半。

さすがに眠たい。

5時半過ぎにホテルを出ると、外は明るくなっていて、

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜はわからなかったホテルの外観や、南港駅が、

クリックすると元のサイズで表示します

確認できましたが、やはりホテルと駅以外は何もありません。

ところが、駅構内に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

オープン前の新幹線改札前は開店待ちの行列が出来ています。

昨日から来週月曜まで、日本のお盆にあたる中秋節休みなので、混雑しているようです。

高いお金を払って混雑している新幹線はやはりやめて、

在来線の各駅停車の電車に乗ります。

各駅停車と言っても、桃園駅で

クリックすると元のサイズで表示します

自強号に抜かれるのに8分停車した以外は、停車してはすぐの発車です。

120キロほどを2時間半で走り、苗栗駅に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年7月に泰安温泉に行くのにバスに乗り換えるために降りたことがありますが、今回は宿泊します。

クリックすると元のサイズで表示します

大きめな建物ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

どことなく昭和風な雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

スーツケースを預かってもらうつもりが、チェックインさせてもらえました。

クリックすると元のサイズで表示します

身軽になって、駅に戻り、再び各駅停車で南下します。

苗栗までの各駅停車は席がほぼ埋まるくらいでしたが、この電車は通勤電車並みの混雑で10分遅れでの運行。

8両編成でこの混雑で、新幹線、自強号も満席ですから中秋節おそるべしです。

15分乗って、三義駅で

クリックすると元のサイズで表示します

下車します。

今回の旅の目的の一つである、廃線になった区間にあった勝興駅から廃線線路を走るレイルバイクに乗ります。

駅からバスが出ているという情報がありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

乗り場はなく、駅員に聞いてもどうやらなくなったようで、タクシーで勝興駅に向かいます。

15分くらい200元で到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

築百年の駅舎が、

クリックすると元のサイズで表示します

きれいに保存されていて、ホームには列車が入ってきてもおかしくない雰囲気ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

列車はやってきません。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、駅周辺に沢山の人がいます。

いよいよ、

クリックすると元のサイズで表示します

レイルバイクに乗りこみます。

まず操作方法の説明がありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

中国語だけなので、細かいことは全くわかりません。

バイクは4人乗りで、四人で来ている人は一台、二人で来ている人は2組で一台という割り当てとなり、

クリックすると元のサイズで表示します

ぞろぞろと乗り場に向かいます。

運転はもうひと組のカップルにお任せして、後ろの席に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

スタート。

クリックすると元のサイズで表示します

いきなりトンネルに入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

楽しい世界となります。

クリックすると元のサイズで表示します

トンネルを出てしばらく走ると、高さ33メートルの魚藤坪鉄橋へ。

左手には、日本統治時代に作られ、地震で壊れたレンガ造りの橋脚跡が、

クリックすると元のサイズで表示します

現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

感動を覚えているうちに龍騰站に到着。

一旦全員が降りて、少し歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

橋脚跡を間近に見える場所へ。

再び戻ると、好き勝手に乗っていいようなので、帰りは運転してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

原付バイクと操作は同じ。

ごつんごつんという感触を感じながら、アクセルを握っているのは

クリックすると元のサイズで表示します

楽しい体験です。

1時間あまり250元は、素晴らしすぎました。

駅前の食堂で、

クリックすると元のサイズで表示します

客家料理の

クリックすると元のサイズで表示します

昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

無論ビールも、

クリックすると元のサイズで表示します

美味しくいただきます。

ただ値段は観光地価格でしたが。

行きのタクシーの運転手は中国語しかできず、電話をくれれば来ると言っていましたが、通じそうにないので、帰りは6キロを、廃線跡を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

80分かけて

クリックすると元のサイズで表示します

歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

三義駅に戻りました。

暑くてクタクタになったので、三義の名産である木彫は駅に飾られたものを

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見ただけでした。

各駅停車の電車で、

クリックすると元のサイズで表示します

苗栗駅に戻り、ホテルへ。

寝不足と暑さで疲れたので、2時間ほど昼寝。

8時くらいに、駅近くに水、金、土の週三回開く夜市へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道沿いではなく、広場型の夜市です。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、さほど食べ物屋は多くはなく、

クリックすると元のサイズで表示します

子供連れが楽しめそうな

クリックすると元のサイズで表示します

屋台が多いという印象の夜市です。

魯肉飯とスープという

クリックすると元のサイズで表示します

毎度の夕食。

筍が一緒にのった、ユニークなものでした。

疲れましたが、充実の一日でした。
0

第15回台湾旅〜初日〜  海外旅行

11時半にスーツケースを引きづり自宅を出発。

羽田空港からスターフライヤーに

クリックすると元のサイズで表示します

1時間くらい乗り、関西空港へ。

スターフライヤーに乗るのも、関西空港に来たのも7年ぶり二回目です。

2時間乗り継ぎ時間があり、3回目のエバー航空に

クリックすると元のサイズで表示します

乗ります。

羽田空港で預けたスーツケースは勝手に引き継がれたので、たまにはこういう乗り継ぎもありですね。

B 787-10という最新の機種。

クリックすると元のサイズで表示します

座席のモニターが、

クリックすると元のサイズで表示します

フライト情報でも何種類もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと面白かったかな。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食は、私的には合いませんでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールが飲めたので満足。

30分くらい早く桃園国際空港に到着。

ただ第一ターミナルに到着も、荷物は第ニターミナル受け取りなので、空港内シャトルに乗ったりで、

クリックすると元のサイズで表示します

降りてから、意外と時間がかかりました。

桃園空港MRT に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

40分で台北駅に到着。

今宵の宿に向かうべく、さらに国鉄に乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

14分遅れの急行列車莒光号が、乗ろうと思っていた特急列車の自強号より先に来たので、ラッキーとばかり乗ったら、特急停車駅を通過し、汐止まで行く羽目になります。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう時でないと降りることは無いので、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ある意味楽しかったりします。

各駅停車の電車で引き返して、

クリックすると元のサイズで表示します

南港駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

在来線、新幹線、地下鉄板南線が集まる駅で、駅自体は立派ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

周辺には何もありません。

今宵の宿は、何もない中に忽然と一軒だけ立っている、

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルです。

部屋は広いし、きれいで、

クリックすると元のサイズで表示します

申し分ありません。

乗り過ごしのため、23時半チェックインとなり、部屋でゆっくりとはいきませんが。

初日は移動でおしまいです。

2




AutoPage最新お知らせ