ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
帰り道  只今、旅行中

行きは、東京から伊豆熱川まで、特急踊り子号に2時間20分ほど乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

乗り換えなく、こ鉄的に昭和60年登場の国鉄最後の新型特急車両である185型が近々廃車になりそうということで乗りました。

ただ乗ってみれば、高い料金に見合わない車両であり、片道で充分という気分になったので、帰りは、熱海行きの各駅停車の電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

海を眺めて、

クリックすると元のサイズで表示します

往年の各駅停車の電車を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

列車の行き違いで10分ほど停車する富戸駅では、

クリックすると元のサイズで表示します

駅の外に出て、

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮り、駅の窓口でカレンダーを買い、

クリックすると元のサイズで表示します

いづれ乗ってみたい伊豆クレイルとすれ違い、

クリックすると元のサイズで表示します

熱海に到着。

時間は踊り子号よりかかりますが、東急東横線のお古電車であっても、

クリックすると元のサイズで表示します

海側はボックスシートに改造されているし、旅気分になれる電車です。

熱海からは新幹線こだま号に乗れば、

クリックすると元のサイズで表示します

ビール1本飲むうちに、

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に東京駅に到着。

乗り換えがあっても所要時間は変わらず、特急料金は新幹線利用の方が安いのです。

楽しい旅はおしまいとなりました。
3

伊豆熱川温泉を出発  只今、旅行中

駅のすぐ近くに、

クリックすると元のサイズで表示します

源泉櫓があり、

クリックすると元のサイズで表示します

街中でも、

クリックすると元のサイズで表示します

いくつも見かけて、

クリックすると元のサイズで表示します

湯の街という雰囲気が、

クリックすると元のサイズで表示します

ある熱川温泉は、

クリックすると元のサイズで表示します

太田道灌が発見したとされる

クリックすると元のサイズで表示します

歴史ある温泉です。

2009年6月以来となりましたが、今回宿泊した駅のすぐ近くの宿は、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋から、

クリックすると元のサイズで表示します

海は見えるし、

クリックすると元のサイズで表示します

電車が見えて、部屋のお風呂の温泉に、

クリックすると元のサイズで表示します

好きな時に入って、そして、美味しい韓国料理を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

ただ5食連続にしたのは、やり過ぎでしたが、一泊二食付き、税抜8000円くらいは掘り出し物という感じでした。

11時まで部屋でゆっくり過ごして、チェックアウト。

帰路につきます。
0




AutoPage最新お知らせ