ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
今回の宿  只今、旅行中

熱川駅の横、

クリックすると元のサイズで表示します

韓国料理屋の上。

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場はなく、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋のお風呂が温泉。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、そのお風呂の温度が出なくて、従業員にそう伝えようとしても、韓国人で言葉が通じない。

夕食は、宿の1階の韓国料理屋。

クリックすると元のサイズで表示します

好きなものを選べて、

クリックすると元のサイズで表示します

一泊二食付き、税抜き8000円くらいなので満足。

ただ海外旅行延長戦状態ではあります。

2

特急踊り子号で出発  只今、旅行中

東京駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

踊り子号に乗車です。

伊豆の温泉に向かうのに、意外と利用しない列車です。

乗り換えは一回増えても新幹線利用と金額変わらず、時間は余計にかかっても、小田原までロマンスカー利用の方が安い。

しかも、踊り子号の車両自体、魅力は高くありません。

昭和60年、新型車両投入で、それまでの特急あまぎと急行伊豆を統合して、

クリックすると元のサイズで表示します

登場した踊り子号の新型車両が、30年経った現在も走っているので、そうなります。

クリックすると元のサイズで表示します

座り心地はいいとは言えませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

なぜか北海道の駅弁を食べ、

クリックすると元のサイズで表示します

ビールを飲みながら、

クリックすると元のサイズで表示します

車窓を眺めていれば、

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、いい気分にはなります。

今年くらいから廃車になりそうなので乗ってみました。

2時間半くらい乗った伊豆熱川駅で

クリックすると元のサイズで表示します

下車しました。
2




AutoPage最新お知らせ