ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第9回流鉄旅&日帰り温泉  こ鉄の部屋

振替休日の今日は、埼玉県三郷市にある「早稲田天然温泉めぐみの湯」に入浴しに行ってきました。

往路は、北千住から正式社名は「首都圏新都市鉄道」という壮大な社名の「つくばエクスプレス」に乗り、初めて三郷中央駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

計画的に開発された駅周辺の雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

そこからバスで温泉施設近くに行く新三郷駅行きのバスに乗ったつもりが、

クリックすると元のサイズで表示します

手前の三郷駅行きで、結局JR三郷駅から歩いていくことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

平日であるからなのか空いていて、

クリックすると元のサイズで表示します

ほかに2人くらいしかいないし、24日ぶりの温泉にゆっくり漬かりました。

湯上りビールを食事処で飲みましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

ここは私だけの貸切状態でした。

1時間ほどのんびり過ごしてから、歩いて江戸川を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

江戸川沿いの土手を歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

流山のキッコーマンのみりん工場の前へ。

クリックすると元のサイズで表示します

平日なので稼働している工場の壁に

クリックすると元のサイズで表示します

展示されている流山のみりん製造の歴史を眺めて、

クリックすると元のサイズで表示します

現在は道路になった工場と流山駅を結んでいた

クリックすると元のサイズで表示します

貨物線の跡を

クリックすると元のサイズで表示します

歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

流山駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はみりん工場を外から眺めただけの流山散策で、馬橋行きの電車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

黄緑の「若葉」号に乗り、5.7キロの短い区間、途中4つの駅に停車し、

クリックすると元のサイズで表示します

10分ほどの乗車で馬橋駅に到着。

絶景区間があるあけでないのですが、乗っているとどこか懐かしいノスタルジアを感じてしまうミニ鉄道です。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ