ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
日本にやってくる海外観光客  徒然記

自分が出かける事ばかり考えていますが、ふと日本にやってくる観光客はどのくらいいるのかなと気になりました。

調べてみると、2016年で約2400万人。

10年間で3倍以上に伸長しています。

では、何を目的に来ているのかなと思って調べてみると、

クリックすると元のサイズで表示します

1位 日本食を食べる

2位 ショッピング

3位 自然景勝地観光

4位 繁華街散策

5位 温泉入浴

6位 日本酒を飲む

7位 旅館に宿泊

8位 日本の歴史文化体験

9位 日本の日常生活体験

10位 テーマパーク

と複数回答可では上記の順位となり、最も期待することとなると、

1位 は変わりませんが、、

2位は、自然景勝地観光

3位は、ショッピング

と順位が入れ替わり、

4位に、温泉入浴が浮上し、繁華街を散策、日本酒を飲む、旅館に宿泊するが落ちて、

テーマパーク、日本の歴史文化体験、四季の体感、日本の日常生活体験が入り、9位に繁華街散策が出てくるという具合に変わってきます。

私が海外旅行に行くのは、東アジアの温泉巡りか、南の島に行くかという偏った形態なので、前者の場合は、1位温泉、2位食事、3位自然景勝地となるし、後者の場合は(温泉がない場合)、1位自然景勝地だけで、あとはビールを飲むとなり、改めてこういう観光庁のデータを見ると、そういうものなのかという気持ちになるのでした。

この観光庁のデータ、ご丁寧に実際日本で観光したあとも追跡調査していて、

クリックすると元のサイズで表示します

今回した事は何ですかという質問に対して、実際にやった順位は、

1位 日本食を食べる

2位 ショッピング

3位 繁華街散策

4位 自然景勝地観光

はなるほどで、5位に日本酒を飲むが、おそらく食事と合わせて行われ、

その後に温泉入浴、旅館に宿泊が、セットもので続き、日本の歴史文化体験が続くという具合になっています。

体験したことの満足度合では、概ね80パーセント以上満足しているのに、旅館に宿泊と治療の2項目だけ満足度80パーセントを切っています。

治療はわかるような気がしますが、宿のもてなしがこういう結果なのかという感想になります。

あと、繁華街散策は、してみたい人が多く、した人が多い中では満足度が低めとなっています。

次回訪日では、何をしたいかという質問には、

1位が日本食を食べるが不動の1位。

2位 自然景勝地観光

3位 ショッピング

そして、4位が温泉入浴。

来日前に最もしたいことと全く同じになり、どうも日本にやってくる海外観光客が期待するのはこの4項目が中心という事のようです。

繁華街散策、日本の歴史文化体験がやや期待外れになっている可能性がありそうなのは、気にかかるところであると思いました。








1




AutoPage最新お知らせ