ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第12回台湾旅 第2日目  海外旅行

たっぷり8時間ほど眠り、朝起きると快晴。

行く前の天気予報では毎日雨の予報でしたので、はずれてくれて嬉しい。

体温は36.8℃とやや高めのままです。

玄関前のテラス?にいると、

クリックすると元のサイズで表示します

南国のリゾート気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します

新北投駅まで、

クリックすると元のサイズで表示します

お散歩。

昨日は真っ暗でよくわからなかった往年の復元駅舎を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

いやあ、こういうの好きなんですよね。

ホテルのバイキング朝食は、

クリックすると元のサイズで表示します

品数は多くないし、味も私的には今ひとつでしょうか。

まあ、値段を考えれば、文句はありません。

ホテルの大浴場に入ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの浴槽ともう一つ露天風呂浴槽があり、バリ風の作り。

露天風呂では、スッポンスッポンおじさんが気持ち良さそうに寝ていたので、かみさんの方の絵です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

絵で見る限りでは、男湯より女湯の方が広そうです。

でも、大浴場には満足です。

ちなみに大浴場は、一泊で一回しか入れないのが、台湾では普通で、

クリックすると元のサイズで表示します

朝食券と合わせて、入浴券を貰うようになる場合が多いです。

こちらのお宿、従業員のホスピタリティはゼロに限りなく近いのですが、日本での温泉宿というよりは、カップルの日帰り個室風呂が営業の主体で、ある意味ラブホテルとしての機能が高く、ホスピタリティは期待していないので、温泉と設備が一定以上ちゃんとしていれば、OKです。

何回か、色々な温泉宿に台湾で宿泊してみて、少しわかってきたところです。

12時近くにホテルから外に出ます。

温泉街をぷらぷら歩いていきます。

2年ぶり4回目ですが、やはり楽しい気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します

共同浴場「瀧の湯」は、

クリックすると元のサイズで表示します

建物の外観がきれいになっていました。

温泉博物館は、

クリックすると元のサイズで表示します

工事中で入れません。

水着着用入浴の公共露天風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

今回も素通り。

温泉街の最奥の地熱谷へ。

クリックすると元のサイズで表示します

谷の入口にあり、2010年に入浴した龍泉浴室は、2年前と変わらず閉鎖されたままでした。

クリックすると元のサイズで表示します

硫黄の香りに包まれ、天気がいいので、いい気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します

北投温泉には、ここを源泉とする青泉と、白泉と呼ばれる硫黄泉と、茶色の鉄泉と3種類の源泉があり、実は青泉はあまり使われていないそうです。

実際今回宿泊している宿の源泉も白泉のようです。

今回は青泉に入ってみようと思っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

2年前に宿泊した熱海飯店の前を過ぎ、北投温泉発祥の宿、天狗庵の跡に立つ

クリックすると元のサイズで表示します

加賀屋の前を過ぎます。

日本の有名温泉宿なのですが、大浴場立ち寄り湯でも、うん千円の料金であるらしく、まあ素通りです。

朝は開いていなかったので外から見ただけの、復元新北投駅舎に

クリックすると元のサイズで表示します

往時に使われていた駅の備品や、

クリックすると元のサイズで表示します

昔の写真が

クリックすると元のサイズで表示します

展示されています。

親切な係員の方が、一生懸命説明してくれたり、記念写真を撮ってくれたり、さらには、記念品まで

クリックすると元のサイズで表示します

わざわざ探してきて渡してくれたり、ありがたいことでした。

クリックすると元のサイズで表示します

記念に悠々カードと絵ハガキを購入。

クリックすると元のサイズで表示します

こ鉄には楽しい時間でした。

が、ゆっくり寄り道しながらお散歩していたら、2時近くになり、麦わら帽子をかぶり水分補給にも注意を払っていますが、バテてきたので、一旦ホテルに戻ります。

そして、2時間お昼寝。

17時に再びホテルを出ます。

まずは青泉に入るべく10分ほど歩いて、「北投青磺名湯」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

街中のビルの一階と二階が、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

一階は男女別の公衆浴場ですが、こちらで料金を支払い、

クリックすると元のサイズで表示します

二階の個室風呂へ。

クリックすると元のサイズで表示します

料金は2人で400元のはずが、特価で350元(約1000円)です。

浴槽脱衣所一体型の、台湾では標準のタイプです。

クリックすると元のサイズで表示します

この3種類の蛇口で温度調節して、

クリックすると元のサイズで表示します

入るのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

見た目には特徴なく、硫黄臭もさほどしませんが、漬かっていると効いてくるなという感じのお湯です。

お湯に満足のあと、温泉魚もやってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

足湯に足を入れると、

クリックすると元のサイズで表示します

小さな温泉魚達があっという間に群がってきます。

いやはや楽しい温泉施設なのでした。

昼ごはん兼夜ごはんは、その温泉施設から5分ほど歩いた場所にある「志明牛肉拉麺」というお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

牛肉麺を食べます。

すぐ横に大きくて、お客もいる「呉家牛肉麺」というお店があり、こちらに入るという気になりにくい店構えですが、台北市牛肉麺節 料理王大会第3位になったことがあるそうです。

赤と呼ばれる紅燒と、白と呼ばれる清燉があり、

クリックすると元のサイズで表示します

このお店は白が美味しいということで、そちらを注文。

クリックすると元のサイズで表示します

スープと柔らかいお肉は美味しい!

これで小サイズですが、お値段140元(約500円)でした。

牛肉麺はこれまでも何回か食べて、美味しいと思うものを食べていませんでしたが、こちらの牛肉麺は確かに美味しかったです。

夕方2時間のお散歩を終えて、ホテルに戻りました。

熱中症にとても用心をしていますので、ゆるい1日の過ごし方ですが、まあ湯治中と思えば良しとします。

あとは部屋の温泉に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールを飲んで寝るだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ