ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
熱中症  徒然記

昨日帰りは頭痛がするし、気持ち悪いと思いながら寝たら、未明に身体が凄い熱を帯びている感じがして、目が覚めます。

クリックすると元のサイズで表示します

なんじゃ、こりゃということで、病院へ。

夏風邪と熱中症のどちらかですかと、聞く私に先生は自信と確信を持って「熱中症」ですと、答えてくれました。

なので、薬はなく、充分な水分補充と涼しい場所で、基本安静にするようにとのことです。

なので、ペットボトルの水を購入し、随所で水分補給しながら会社に向かうのでした。

1

2018年ワールドカップ ロシア大会観戦C 〜準々決勝〜  徒然記

深夜時間帯の試合ですが、金曜日、土曜日でしたので、全4試合を観戦しました。

@フランスーウルグアイ

グループリーグは全く見ず、決勝トーナメントから見始めた両チーム。

エムパベが今ひとつでもチーム完成度が高いフランスに対して、カバーニの欠場が大きなマイナスとなったウルグアイ。

2ー0スコアは妥当でしょう。

カバーニがいたら、また違う結果になったかもしれません。

Aブラジルーベルギー

グループリーグ2試合見て、トーナメント1回戦メキシコ戦はあまり面白くなく途中で寝てしまったブラジル。

評価は高いようですが、黄金の中盤に痺れたという昔との比較をしてしまう私にはショートカウンター主体の並みの戦術を少し個人技が高い選手たちがしているという印象です。

一方ベルギーはグループリーグのチュニジアを5-2と完勝も、すごく印象に残りませんでしたが、日本戦で戦術変更も含めて強いという感覚。

ブラジルの方がシュートは多く、ボールも支配している数字の出方ですが、2ー1というスコアよりベルギーが上手かった印象が残りました。

Bイングランドースエーデン

この両チームの試合観戦は、今大会この試合が初めてです。

スエーデンの大男がゴール前をガチガチに固めるのを徹底するのは、ある意味びっくり。

0ー2となっても、攻めていこうとしないですからね。

イングランドは世代交代が進み、結果もついてきているようです。

Cロシアークロアチア

クロアチアが楽勝と思いきや、ロシアが全員でプレスをかけ続けて、頑張った試合。

ただ、交代で出てきたのに、そういうプレスをかけない選手がいるのを見て、選手層の薄さというのはあるのだなあと、日本の惜敗を見た今大会だけにそう感じるのでした。

ベスト4は全てヨーロッパ、そして優勝経験国はフランス、イングランド。9カ国目の優勝国が出るかという前評判もありながら、準決勝へと進んでいきます。
0




AutoPage最新お知らせ