ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
行田への日帰り旅  只今、旅行中

土日はたっぷり寝て過ごしていましたが、今朝5時半に目が覚めて、お天気がいいと自宅謹慎?はしておられず、いつも会社に行く時間くらいに家を出発。

北千住から、準急南栗橋行きに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

東武動物公園駅で、区間急行館林行きに乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

羽生駅へ。

先月の雪の春分の日に乗った秩父鉄道の、各駅停車影森行き電車に乗り継ぎ、

クリックすると元のサイズで表示します

年季の入った待合室がホームにある

クリックすると元のサイズで表示します

行田市駅に

クリックすると元のサイズで表示します

2時間程で到着しました。

埼玉県行田市は、人口約8万人、江戸時代は、譜代大名が歴代藩主を務めた忍藩10万石の城下町であり、江戸時代から続く足袋生産では、日本の生産量の約8割を占めるという地方都市です。

クリックすると元のサイズで表示します

城下町としての歴史とB級グルメの街を観光の目玉にしているようですが、私が来てみようと思ったのは、昨年10〜12月に放送され毎回視聴していたドラマ「陸王」の舞台であったからです。

クリックすると元のサイズで表示します

衰退しつつある足袋会社が、足袋の技術を生かしながらマラソンシューズ開発を進めていく中で会社の生き残りをかけて奮闘するというストーリーで、原作を読んで面白かったなと思っていたところにドラマ化されて、ドラマも面白かったのです。

しかも、ロケ地として行田市が全面協力したそうなのですが、ドラマで見る街の雰囲気もよさそうだったので、行ってみたかったのですがドラマ放映中は大賑わいのようなので、落ち着いたころに行こうと思っていたのが、突如今日来てしまいました。

朝9時ころから歩きだしてみると、足袋全盛時代に建てられた蔵や建物が点在しています。

クリックすると元のサイズで表示します

大切にされていて、案内板も整備されています。

クリックすると元のサイズで表示します

こういうのは観光地で見かけて普通ではありますが、それが言っては失礼かもしれませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

大分痛んでいるような蔵にも

クリックすると元のサイズで表示します

きちんと案内板が整備されています。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう仕組みを生かして、大切に保存していくのは素晴らしいなあと素直に思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見るからに

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

保存状態がいい蔵や、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな建物が田山花袋の小説のモデルであることがわかります。

蔵だけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

古い建物も

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大切に

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

されています。

城下町の常で道が曲げられていて、方向感覚が何回かなくなりながらの散策は楽しいものです。

そして、ドラマでこはぜ屋の建物として登場していた

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは

クリックすると元のサイズで表示します

現在も操業中の会社なので外から眺めるだけですが、

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマのシーンを思い出させてくれます。

この会社のもう一つの工場も

クリックすると元のサイズで表示します

外から見るだけですが、

クリックすると元のサイズで表示します

老舗という言葉を改めて感じさせてくれます。

立派な神社に

クリックすると元のサイズで表示します

お参りしたり、

クリックすると元のサイズで表示します

1時間程散策したところで、一風呂浴びることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

行田天然温泉

クリックすると元のサイズで表示します

「古代蓮物語」という日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

溶存物質が1000rに満たないので単純温泉となっていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

毎分292L、ナトリウムー炭酸水素塩泉・塩化物泉型の自家源泉使用の温泉です。

館内は蔵の街にある温泉ということで、

クリックすると元のサイズで表示します

私の家の近所にある「大谷田温泉 明神の湯」と同じ会社が経営する施設ですが、雰囲気はちょっと違いました。

PH7.5の中性ですが、重曹泉タイプの柔らかい浴感で、気持ちよく入浴できました。

温泉の後は、映画「のぼうの城」の

クリックすると元のサイズで表示します

舞台であった忍城跡を散策します。

豊臣秀吉が全国統一最後の戦となった北条氏支配の関東征伐の際に、北条方の成田氏が籠城する忍城を、石田三成が攻めたものの落城しなかった戦の模様が映画になっているそうです。

というのは映画は見ていないからです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの神社は、

クリックすると元のサイズで表示します

籠城戦の激戦の舞台と

クリックすると元のサイズで表示します

なったそうですが、

戦国時代の時は、

クリックすると元のサイズで表示します

沼に浮かぶ水城でしたが、現在は

クリックすると元のサイズで表示します

公園として整備された

クリックすると元のサイズで表示します

池に名残があるくらいで、

クリックすると元のサイズで表示します

激戦の舞台という感じはしません。

復元天守閣は博物館になっているようですが、かみさんが腹が減ったと騒ぐので、B級グルメ巡りに切り替えます。

まずは、こちらのお店で

クリックすると元のサイズで表示します

フライを食べてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

行田のフライとは、小麦粉を水で溶いてねぎ、肉、卵といった具を入れて薄く焼き、ソースまたは醤油だれをつけて食べるという一種のお好み焼きです。

農家、足袋工場の女工さんのおやつとして食べられたそうです。

食べたのは、フライの中に焼きそばが入っているフライミックスです。

400円でお腹いっぱいになりました。

そのあと、

クリックすると元のサイズで表示します

ギャラリーにもなっている立派な蔵のそばにある、

クリックすると元のサイズで表示します

喫茶店で、

クリックすると元のサイズで表示します

もうひとつのB級グルメである

クリックすると元のサイズで表示します

ゼリーフライも食べてみました。

名前は、えっと思わせますが、ジャガイモ、ねぎ、にんじんにおからが入った衣のついていないコロッケのようなものです。

小判の形にちなんで、銭フライと呼ばれていたのがなまってゼリーフライになったそうですが、こちらのお店では、足袋型ゼリーフライとメニューにありました。

この2つのフライが

クリックすると元のサイズで表示します

行田市の2大B級グルメになるそうです。

市内に40軒くらいあるようなので、食べ比べしてみるのも楽しそうです。

商工会議所が観光センターになっていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

そこで「陸王展」が入場無料で開催されていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

覗いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマで使われた小道具が

クリックすると元のサイズで表示します

展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマでほとんど映らないものまで

クリックすると元のサイズで表示します

作りこまれているのに感心。

クリックすると元のサイズで表示します

この陸王シューズ発売になったら、絶対買うんだけどなあ・・

クリックすると元のサイズで表示します

欲しいといえば、この法被もなのですが・・

大満足の内に会場をあとにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅に行く途中、やせ細って徘徊している子猫と出会い、ミャーミャー鳴いて、かわいそうだったので、陸王と名付ることにして連れて帰りたかったのですが、かみさんに、そんなことはできませんと怒られたのであきらめて、行田市駅に戻ると、電車まで20分以上あるので一駅歩くことしました。

途中由緒ありそうな酒屋を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

東行田駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

5時間程の充実の行田お散歩をして、

クリックすると元のサイズで表示します

秩父鉄道の各駅停車で羽生へ、そこから東武伊勢崎線の各駅停車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

久喜から急行電車に乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

北千住に戻りました。

思い立ってのお出かけでしたが、本当に楽しい街でした。
1

2018年4月のこ鉄  こ鉄の部屋

今月は鹿児島県に行きました。

羽田ー鹿児島空港を

クリックすると元のサイズで表示します

JALの飛行機で往復

クリックすると元のサイズで表示します

足湯があった鹿児島空港からは、

クリックすると元のサイズで表示します

レンタカーで移動したので、鉄道には乗れませんでした。

が、温泉に行く途中に、JR九州肥薩線の2つの駅には車で立ち寄りました。

西郷隆盛が湯治したことがある日当山温泉の

クリックすると元のサイズで表示します

最寄り駅である、

クリックすると元のサイズで表示します

日当山駅に

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り。

坂本龍馬新婚旅行というか湯治した塩浸温泉から

クリックすると元のサイズで表示します

車ではすぐの嘉例川駅。

クリックすると元のサイズで表示します

明治36年、今から115年前の1903年開業当時のままの木造駅舎が現存する駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎に入ると、タイムスリップ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこにちょうど、各駅停車がやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

4年前に鹿児島に来た際は、特急である「はやとの風」に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

嘉例川駅で数分の停車で通り過ぎましたが、車で駅に来るのもまた楽しいという感じです。

そして、幸運なことに土日だけで売り切れ次第終売になる駅弁「百年の旅物語かれい川」を

クリックすると元のサイズで表示します

手に入れることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島の地元食材が詰められた、素朴ですがとてもおいしい駅弁でした。

1日50人くらいしか乗り降りしない無人駅ですが、歴史ある駅舎を大切にしながら、そこで駅弁も売ってと、

クリックすると元のサイズで表示します

こういう観光化は好きですね。

翌日も駅に行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

売り切れ。

食べることができて、良かったなあと改めて思うのでした。

乗らずに見るだけでも、こ鉄的に満足な鹿児島旅でした。

日帰りでは、私の定番日帰り温泉「成田温泉 大和の湯」に行ってきました。

最寄り駅の下総松崎駅は、

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな

クリックすると元のサイズで表示します

感じで、

クリックすると元のサイズで表示します

通勤型電車で

クリックすると元のサイズで表示します

やってこられるような雰囲気ではなく、手軽にプチ旅気分になります。

帰り道は我孫子から茨城県に少し足を伸ばして、JR常磐線の佐貫駅から

クリックすると元のサイズで表示します

分岐する関東鉄道竜ケ崎線を往復してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

1900年開業の歴史ある路線ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

佐貫ー竜ケ崎間の4.5キロという短い路線のままです。

1両のディーゼルカーが往復するのですが、この日は「まいりゅう」号、

クリックすると元のサイズで表示します

マイ龍ヶ崎という意味合いの塗装の列車でした。

外観だけではなく、車内も

クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎名物のコロッケが

クリックすると元のサイズで表示します

デザインされているちょっと楽しい列車でした。

クリックすると元のサイズで表示します

コロッケ食べ歩きまでできずに、

クリックすると元のサイズで表示します

竜ケ崎駅まで往復しただけで

クリックすると元のサイズで表示します

佐貫駅の中のアンテナショップで、

クリックすると元のサイズで表示します

お土産を購入しただけでしたが、こんな切符があるようなので、

クリックすると元のサイズで表示します

いずれ、コロッケ食べ歩きに行ってみたいものです。

あと、温泉に入らずで用事で入間市駅に行った際に、

クリックすると元のサイズで表示します

西武鉄道の、西武園線

クリックすると元のサイズで表示します

国分寺線

クリックすると元のサイズで表示します

多摩湖線

クリックすると元のサイズで表示します

山口線

クリックすると元のサイズで表示します

狭山線

クリックすると元のサイズで表示します

とただ乗ってみる寄り道こ鉄してみました。

多摩湖を眺めた

クリックすると元のサイズで表示します

以外は、競輪場

クリックすると元のサイズで表示します

遊園地

クリックすると元のサイズで表示します

野球場と

クリックすると元のサイズで表示します

色々施設があるわけですが、すべて素通り、今後も行くことがなさそうで、こういう機会がないと乗らない路線のようです。

1

本当に  徒然記

自宅静養?で、12時間くらい寝ているうちに1日が終わりました・・

鹿児島に行く前から、読み始めた西郷隆盛論的なこの小説も、

クリックすると元のサイズで表示します

全然読み進めていきません。
1

4月もおしまい  徒然記

3、4月と忙しく、歓送迎会等飲み会があって自爆的に飲んでということをしていたら、本当に疲れた2か月でした。

明日から9連休といのんびりう方もいるようですが、私はまず明日からの3連休でまずは静養します。
1

今月3回目  徒然記

1月2回、2月5回、3月1回で、今月3回目、今年11回目の早起きレッドアローに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

練馬駅から石神井公園あたりは富士山が遠くに眺められ、

クリックすると元のサイズで表示します

入間市を過ぎると、前方遠くに新緑の秩父連山が見えてと、乗っている40分ほどは楽しい気分です。

降りれば、ウンザリになりますが。
0




AutoPage最新お知らせ