ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
7年  徒然記

今日は1日自宅にて静養。

テレビでは、大震災関係の番組がいくつも放送されていたようです。

当日帰宅難民になったくらいで済んだ私の7年間はノー天気で過ごせてしまったわけですが、まだまだ大変な想いで生活されている方が多数いるのだと、改めて気づかされました。

若いころは8月15日に戦争関係の特番がいくつもあったりすると、年に1回だけやってもなあとか思ったりしましたが、あまり見かけなくなってくると、最近は年に1回だけでもこうやって放送があるのはいいのかもしれないと思うようにもなりました。

被災された地域には、地縁はなく、旅したことがありません。

2008年8月に、仙台から常磐線の各駅停車を乗り継いでいた時に、現在も鉄路が復旧していない常磐線の富岡ー浪江間にある夜ノ森駅で、

クリックすると元のサイズで表示します

列車の行き違いで数分停車したのが妙に記憶に残っているくらいです。

大震災の年の7月に水害で今なお会津川口−只見間が不通であることを放送している番組もありました。

2009年8月に、小出から会津若松へと只見線に乗りましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

只見川に沿って走る景色のいい路線でしたが、それが災いしたということなのですね。

水害直後の9月に、早戸温泉つるの湯に行きましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

水害前はこんな絶景の露天風呂が、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな姿になっているのを見て、

クリックすると元のサイズで表示します

絶句したものでした。

自然災害は本当に恐ろしいものです。
1




AutoPage最新お知らせ