ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2018年2月のこ鉄  こ鉄の部屋

2月は、2泊3日の伊豆長岡温泉への旅をしました。

往路は東海道新幹線こだま号で、東京から三島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

復路は、小田原から東京メトロ千代田線直通の電車ロマンスカー「メトロはこね」号でした。

クリックすると元のサイズで表示します

往復の鉄分は控え目でした。

こ鉄のメインは、伊豆箱根鉄道駿豆線というローカル線でした。

三島→修善寺は、

クリックすると元のサイズで表示します

アニメラッピングの電車。

修善寺駅では、

クリックすると元のサイズで表示します

駅弁を買っただけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

修善寺→大仁は、JRとの直通特急「踊り子」号

クリックすると元のサイズで表示します

駿豆線内は特急料金なしで乗車できます。

大仁駅は、大仁温泉の玄関駅。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前には足湯と飲泉所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

飲みましたが足湯はせず、駅から5分ほど歩いた一二三荘の温泉に漬かりました。

大仁→伊豆長岡は、普通の電車

クリックすると元のサイズで表示します

連泊中日には、ステーキを食べに

クリックすると元のサイズで表示します

田京駅まで往復

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰る日に、伊豆長岡→三島で乗ったのは、

クリックすると元のサイズで表示します

ハッピーイエロートレインと名前が付いていますが、伊豆箱根鉄道に来る前の西武鉄道の塗装なのでした。

ただ、1か所だけ、こんな吊革があり、

クリックすると元のサイズで表示します

これがハッピーなようで、写メを撮る女の子が何人かいました。

乗れませんでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車も見ました。

車両も車窓もすごくいいという感じではないのですが、地味に沿線に温泉が点在しています。

この宿泊旅以外では、埼玉県の日帰り温泉に2回出かけ、その際にもプチこ鉄。

1回は、今回で7回目となる流鉄流山線。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも西武電車のお古ですが、それぞれに愛称がつけられ、塗装も違います。

今回は「あかぎ」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

この愛称の由来の赤城神社に、初めて参詣しました。

流山の街を散策したのですが、「流鉄展」がたまたま開催されていて、

クリックすると元のサイズで表示します

入ってみたのですが、手作りジオラマに感動。

クリックすると元のサイズで表示します

作者の方がいらっしゃって、制作時の工夫を直接聞けたのも良かったです。

もう1回は、北千住と久喜を東武伊勢崎線で往復。

行きは、特急りょうもう号

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、特急きぬ号と

クリックすると元のサイズで表示します

乗車時間は短めでしたが、プチプチこ鉄。
何回乗ってもいいですね。

温泉以外の仕事では、西武鉄道の特急ちちぶ号に、

クリックすると元のサイズで表示します

5回乗車。

地味な車両ですが、座席はゆったりで快適な電車です。

仕事ではなく、秩父の湯めぐりに行くのに乗りたいものです。

昨年から転勤してから、それまでほとんど乗ることどころか見る事もなかった西武鉄道に乗る事が増えました。

見慣れていないので、乗ったり見かけた車両を写真撮影していたら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

けっこうコレクションが増えました。

伊豆箱根鉄道、流鉄も含めて、西武鉄道づいた月でした。
1

衝撃  徒然記

5週連続7回目の早出のレッドアロー号

クリックすると元のサイズで表示します

乗っている時は童心に帰っていますが、正直全く気が進まない仕事なので、仕事が終わると

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車に乗って、命の洗濯をしに行きたくなりますが、そうはできず・・

クリックすると元のサイズで表示します

なじみのなかった西武電車の写真コレクションをして、おとなしく事務所へ。

車で仕事先に行くと、お客さんがインフルエンザA型というのに働いていて、えっ となったり、週のはじめから、さっぱりです。

帰りの電車の中で、4月に予約をしてある宿から電話がありました。

帰宅してから折り返しかけると、4月から経営者が代わってしまうので、宿泊できませんという内容でした。

外観はぼろい感じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋はきちんとしていたし、

クリックすると元のサイズで表示します

そこには、素晴らしい温泉が注がれる露天風呂があり、

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場も

クリックすると元のサイズで表示します

かけ流しのいいお湯で、併設露天風呂からの眺めも良く、

クリックすると元のサイズで表示します

宿からすぐ海を見に行けて、

クリックすると元のサイズで表示します

夜食のおにぎりが出たり、

クリックすると元のサイズで表示します

接客も感じが良くて、それなのに良心的な価格のお宿でした。

ですので、昨年12月に宿泊した際、チェックアウト時に4月の予約をしたのに・・・

電話をかけてきた従業員の方も3月いっぱいでやめることになるそうで、いやあショックが大きかったです。

そんな週の初日でした。
1

日帰り温泉に行ってきました  只今、旅行中

今日は1日中寒い1日でした。

ですので、強食塩泉大量かけ流しのこちらに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

平日は8時、土日は6時半からオープンの早起き温泉で、私が8時半くらいに行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場にはたくさんの車がいて、相変わらずの盛況ぶりです。

寒いので、30分くらい漬かっていました。

行きは、北千住→久喜間で、

クリックすると元のサイズで表示します

特急りょうもう号に乗車。

帰りは、久喜から各駅停車で

クリックすると元のサイズで表示します

東武動物公園、そこから急行でまっすぐ帰ればいいのに、

クリックすると元のサイズで表示します

春日部から特急きぬ号に乗り換えて、

クリックすると元のサイズで表示します

北千住というルートにしました。

通勤で東武東上線に平日は毎日利用していますが、同じ東武鉄道でも私はこういう特急が走る伊勢崎線の方が好きかな。

車内にある無料パンフを見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

湯上がりビールを飲みながらの帰宅でした。

いい気分転換になりました。

昨夜の銅メダルのカーリング女子の試合は見ました。

平昌オリンピックは今日でおしまい。

早く冬が終わらないかなあ。
1

第7回流山線&日帰り温泉   こ鉄の部屋

3週間前の旅の振り返りです。

常磐線の馬橋駅から、流鉄流山線というローカル私鉄に乗ります。

赤い車体の「あかぎ」号です。

クリックすると元のサイズで表示します

11分乗車して、終着駅の流山駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

2015年1月、2017年5月についで3回目の流山の街散歩です。

今回は、蔵を

クリックすると元のサイズで表示します

リノベーションした

クリックすると元のサイズで表示します

カフェで

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずは昼食。

そのあと、浅間神社の

クリックすると元のサイズで表示します

富士塚に

クリックすると元のサイズで表示します

登りました。

大切に保存されている古い建物を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歩いて行ったのが、小林一茶が何回も逗留した秋元家住宅を記念館とした、

クリックすると元のサイズで表示します

一茶双樹記念館です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

資料は膨大というわけではありませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

落ち着ける佇まいで

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

すばらしいことです。

記念館の向かいのアトリエでは、

クリックすると元のサイズで表示します

流鉄展をやっていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

覗いてみました。

グッズの販売やNゲージがあるほかに、手作り感満載のジオラマが展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

2両編成の昔の電車が走る横には、流山の街が再現されています。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の再現もあれば、現存するお店が再現されている

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジオラマもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手作り感満載なのに、

クリックすると元のサイズで表示します

懐かしい雰囲気が醸し出された

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしいものなのでした。

しかも、このジオラマを作成した「熟年工房」を主宰されている久保さんがいらっしゃって、作成の裏話を直接お伺いできました。

熟年工房 HPは コチラ

ある意味感動して、流山の街を後にして、江戸川を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

埼玉県三郷市に入り、「早稲田天然温泉 めぐみの湯」の

クリックすると元のサイズで表示します

すばらしいお湯を満喫、湯上りビールをいただき、

クリックすると元のサイズで表示します

また江戸川を渡り、流山市に戻り、赤城神社を

クリックすると元のサイズで表示します

拝観。

クリックすると元のサイズで表示します

流山駅ではなく、平和台駅から

クリックすると元のサイズで表示します

電車に乗り、馬橋駅に戻りました。

1

なぜか  徒然記

飲みに行きましょうとお誘いいただきましたが、丁重にお断りして帰宅。

なんだか疲れていたからなのですが、早々に帰宅しても家でビールを飲みながら、

クリックすると元のサイズで表示します

相変わらずルールが理解できないまま、カーリング観戦。

いやあ、試合時間長い。

この土日もぐったりかな。

【追記】

9ゲームあたりで眠り、奇跡の同点劇と悲劇の延長戦は見られませんでした。
2




AutoPage最新お知らせ