ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
大人の社会科見学(4)  国内旅行

日本地政研究会が2014年から、年間4回程度開催している「大人の社会科見学」

東京の地理と歴史のかかわりを説明いただきながら、その時々のテーマでポイントを見ていくという散策ツアーです。

これまで、

@東叡山寛永寺特別参拝と上野台の歴史を観る

A江戸城

B忠臣蔵

C変わりゆく駿河台・湯島台と本郷台、その歴史・風土 〜本郷界隈の文人の事蹟をたどる

D大国魂神社くらやみ祭実地検分と国府の街・府中を歩く

E納涼オプショナルツアー・上野から谷中を歩く

F白金高輪・目黒 山手七福神巡拝

G江戸・東京の光と影 〜その境界を探索する〜

8つのテーマで開催されています。

私は2015年の7月に、@で初参加させていただき、これまで、B2回とC、Gと5回参加させていただきました。

そして、今日は9つ目のテーマ「水戸街道の宿場町松戸を探索する」,通算6回目の参加となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

旧水戸街道を少し歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

松戸から成田方面に分岐する場所にあった、みちびき不動を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

20年ほど前、仕事先であった松戸ですが、いきなり未知なる世界。

そのあと、常磐線に参道を分けられた金山神社の立派な富士塚を拝観。

クリックすると元のサイズで表示します

近藤勇が宿泊した宿である千檀屋は

クリックすると元のサイズで表示します

逆に20年前は近藤勇が宿泊したという看板があったと思いますが、今は何もありません。

そのホテルの裏は、

クリックすると元のサイズで表示します

昭和17.18年ころまであった平潟遊郭の跡地であったことを知りました。

跡形は、この柳しかないので無理はありませんが・・

遊郭のすぐ後ろは江戸川。

クリックすると元のサイズで表示します

そこに常夜灯の復元物があります。

クリックすると元のサイズで表示します

水運が盛んな地域ということで、すぐ近くに河岸がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

千葉周作の道場があったお寺

クリックすると元のサイズで表示します

今はアパートになった松戸宿の本陣跡とみていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

20年前は建物が残っていたようですが、当時は全く気が付きませんでした。

このような史跡があることを初めて知りながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

将軍が鷹狩りに来た際に寄った松龍寺を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

更に松戸宿の鎮守である松戸神社を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

午前は終了。松戸駅前で昼食を食べて、午後は駅近くの聖徳大学の構内にある

クリックすると元のサイズで表示します

相模塚を

クリックすると元のサイズで表示します

見てから、徳川最後の将軍慶喜の後を継いだ昭武の隠居所である戸定邸へ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは存在を知ってはいましたが、訪問したことなしです。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史会館で昭武公の人となりを勉強して、隠居所であった戸定邸へ。

クリックすると元のサイズで表示します

眺望のいい客間の大広間など

クリックすると元のサイズで表示します

明治時代からほぼそのままで

クリックすると元のサイズで表示します

保存されているのが素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

湯殿まで

クリックすると元のサイズで表示します

往時のままで

クリックすると元のサイズで表示します

この湯船に

クリックすると元のサイズで表示します

漬かりたいと思うのでした。

暴風には合わずに済み、駅前で3時間ほど懇親会をして、そこでもいろいろ歴史の話ができて、無時帰宅しました。

今回も楽しい歴史散策でした。
0

松戸に来ました  只今、旅行中

台風22号接近、なのに雨降る寒い中、来ています。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ