ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2017年夏休み パラオ旅 第4日目 〜シュノーケルツアー〜  海外旅行

昨夜22時頃は満天の星空であったのに、3時にものすごい雨が1時間近く降り、目が覚める羽目に・・

昼寝が一番熟睡できるとは、ちと困ったことです。

今朝も曇天

クリックすると元のサイズで表示します

7時から朝定食。

クリックすると元のサイズで表示します

曇天ですが、今日は9時半〜14時のダイビングツアーにくっついてのシュノーケルツアーに出かけます。

クリックすると元のサイズで表示します

カープアイランドリゾートのオーナーが発見したという、ブルーコーナーという有名なチャネルでまずはひと泳ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

有名なポイントだけに、ダイバーを乗せた船がたくさん停留しています。

クリックすると元のサイズで表示します

海の底も結構流れがあったそうですが、海面も波水面。

クリックすると元のサイズで表示します

海面でもまあ、お魚たちと出会うことはできました。

ただ、このポイントはダイビングをする場所で、シュノーケリングする場所ではないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

次はダイバーも含めて、穏やかなシュノーケルポイントへ。

クリックすると元のサイズで表示します

珊瑚が割ときれいです。

そのまま船上で昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、もう一つダイビングポイントに行き、ダイバーを上から見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

シュノーケリング。

クリックすると元のサイズで表示します

ドロップオフの深さがまあ特徴でしょうか。

雨雲に追われながら、エメラルドグリーンの海の中を

クリックすると元のサイズで表示します

14時に宿に戻りました。

75ドルのツアー料金に、環境税50ドルというお値段は、内容と価格のつり合いは微妙でしょうか。

ただし環境税50ドル支払うと、

クリックすると元のサイズで表示します

このカードがもらえて10日間有効、有効期間中は都度環境税を支払う必要はありません。

ちなみにかみさんは船酔いして、1回だけ少し海に入り、弁当も食べられず寝ているだけでしたので全く見合わないという結果でした。

2時間昼寝をして、夕食

クリックすると元のサイズで表示します

今日は海鮮系定食というところでしょうか。

雨がしとしと降る中、部屋に戻ると1日のおしまいです。
0

春日部通勤終了  徒然記

2年半の春日部勤務が昨日で終わりました。

地名は知っていましたが、降りたことがない場所でした。

知っているといっても、

クリックすると元のサイズで表示します

松尾芭蕉が、奥の細道旅で最初に宿泊した宿場町であったのと、

クリックすると元のサイズで表示します

クレヨンしんちゃんの住んでいる町である

クリックすると元のサイズで表示します

というくらいでした。

行ってみると、3回あった春の時期は、

クリックすると元のサイズで表示します

藤棚は見事でした。

仕事でまわった岩槻の城址公園や、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

幸手の権現堂堤の

クリックすると元のサイズで表示します

桜もきれいでした。

そして、通勤が楽しかった。

クレヨンしんちゃん塗装の電車は、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私的にはさほどでしたが、今年4月まで走っていた北千住-春日部間ノンストップの快速電車。

クリックすると元のサイズで表示します

朝1本、帰り2本が私が乗るのは極めて少ない列車ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

ボックスシートで旅気分。

クリックすると元のサイズで表示します

勤務時間中は、腐ったリンゴ氏のためにたまるストレスもこれでスッキリとなりました。

そして夜の帰りの時間帯であれば310円の料金をプラスすることにはなりますが、特急列車での通勤が良かったです。

浅草-東武日光間のけごん号、浅草-鬼怒川温泉間のきぬ号のスペーシア。

オレンジ

クリックすると元のサイズで表示します

水色

クリックすると元のサイズで表示します

紫色

クリックすると元のサイズで表示します

の3色に加えて、金色の

クリックすると元のサイズで表示します

日光詣塗装

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

と色合いのバリエーションもさることながら、この列車の魅力は

クリックすると元のサイズで表示します

落ち着いた雰囲気と、ゆったりした座席ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで

クリックすると元のサイズで表示します

ビールを飲みながらのひと時は、癒しの時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

時には車内のカウンターコーナーで販売の生ビールという時もありました。

今年4月からは、新型車両リバティが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

車内の天井のデザインが、

クリックすると元のサイズで表示します

好きです。

春日部を通過する特急りょうもう号にも、

クリックすると元のサイズで表示します

東武動物公園駅まで行って、

クリックすると元のサイズで表示します

何回か乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

春日部からの帰りの特急は、スペーシア3本、リバティ1本で、どうしてもこうしたいときは30分間隔運転のりょうもう号に乗ってしまうんですね。

特急でゆったり座ってビールという癒し手段が充実していたので、春日部駅からバスで15分ほどの「かすかべ湯元温泉」には

クリックすると元のサイズで表示します

2回だけの

クリックすると元のサイズで表示します

入浴。

駅から徒歩15分ほどの場所にある「湯楽の里 春日部店」には、

クリックすると元のサイズで表示します

1回だけと、2カ所ある日帰り温泉にはそれほど入ることが少なかったです。

腐ったリンゴ氏は厄介でしたが、春日部という町は良かったです。

来月からは新しい場所で働くことになります。
1




AutoPage最新お知らせ