ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
SLのはなし  徒然記

昨夜は飲み会があって、最後は後輩にお説教されていました。

自分も先輩につかかっていましたが、今や先輩が激変したので時のながれということです。

されども今日はちゃんと仕事をして、くたびれての帰り道。

特急スペーシアでゆったり帰るのが私のパターンなのですが、夏休み時期はスペーシアは書き入れ時で混んでいるので、わざわざ余計に特急料金を払ってまで乗る気にはあまりなりません。

区間準急やら、

クリックすると元のサイズで表示します

急行は普段より空くので、そちらを選んで乗ることになります。

ふとぶら下がり広告を見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

東武鬼怒川線で運転されるSL列車は来週からなのですね。

運転区間が、下今市ー鬼怒川温泉間の距離12キロを1日3往復。

乗車時間30分で、料金が750円。

SLを運転しようとするのは素晴らしいけど、乗るとなるとちょっと微妙ですかね。

私が乗ったSL列車は、

@JR東日本 ばんえつ物語号 2001〜2004年の間で詳細時期は思い出せず。

新潟ー会津若松 距離126キロ 乗車時間4時間

クリックすると元のサイズで表示します

A大井川鉄道 かわね路号 2008年1月に乗車

新金谷ー千頭 距離39キロ 乗車時間1時間15分

クリックすると元のサイズで表示します

BJR九州 SL人吉号 2014年9月

熊本ー人吉 距離88キロ 乗車時間2時間30分

クリックすると元のサイズで表示します

C真岡鉄道  SL列車 2015年3月、8月に乗車

下館ー茂木 距離40キロ 乗車時間1時間30分

クリックすると元のサイズで表示します

と4つのSL列車だけです。

こ鉄で古いもの好きで、過去の乗車時には温泉にも行ってと、温泉+こ鉄にもってこいのはずなのですが、物心ついたときにはSLは世の中から消えていて、乗ったことがないので、ものすごい熱意を持って乗るとはならないようです。

大樹は温泉+こ鉄にはやはり持って来いという感じですが、SL乗車30分では短いかなというのが数少ないSL体験の私としては現時点での気持ちです。

写真を引っ張り出してみていると、乗りたくなってきましたが・・

1




AutoPage最新お知らせ