ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2017年5月のこ鉄  こ鉄の部屋

5月は温泉に6日入りましたが、出かけた回数でいうと、宿泊と日帰りで各1回の計2回でした。

黄金週間、長野県上田市に行きましたが、大塩温泉「湯元 旭館」に4連泊する完全湯治旅。

上田駅への往復は、北陸新幹線の「あさま」号でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、行きは指定席が取れず、贅沢にもグランクラスとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ただし、あさま号のグランクラスは、料金は5000円ほど余計に支払いますが、アテンダントなし軽食や飲み物サービスなしの、椅子代でしかない、なんちゃってグランクラスです。

同じ上野ー上田間でも金沢まで行く「かがやき」や「はくたか」のグランクラスだとサービスがあるわけですが・・

まあ、1時間20分ほどの乗車ではあり、帰りの普通車で十分ではありました。

クリックすると元のサイズで表示します

この時は新幹線よりも、乗って楽しかったのが、上田電鉄別所線です。

上田ー別所温泉間の11.6キロを30分ほどかけて、塩田平と呼ばれる田園地帯をのんびり走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

絶景ではありませんが、春という季節を感じられます。

行きは、昨年の大河ドラマ「真田丸」にちなんだ?「さなだドリーム」号

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、終点別所温泉駅に保存されている往年の電車を

クリックすると元のサイズで表示します

モチーフとした「まるまどドリーム」号でした。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車に乗って、ふらりと別所温泉街に行き、

クリックすると元のサイズで表示します

外湯に入るというのは本当に楽しい気分になります。

あと、日帰りでは完全に寄り道なのですが、流鉄流山線に乗りました。

馬橋から流山の5.7キロのとても短い路線しかない小さな私鉄です。

西武鉄道の通勤電車だった車両が走っていますが、2両編成と短い編成であるほかに、それぞれ塗装が違う上に、愛称まで付いています。

今回は「流馬」号でした。

クリックすると元のサイズで表示します

片道12分ほどですが、とてもよく揺れる電車は近くにいながらローカル線の旅をしている気分になれます。

温泉は川を渡って埼玉県の三郷に行くわけですが、旧家が所々残る流山の街歩きも

クリックすると元のサイズで表示します

楽しかったりします。

今月のこの2つの小さな私鉄は乗って楽しいのですが、これまで何回も乗っていますし、このブログでもしばしば登場します。

というわけではないのですが、昨日通勤の帰り道の寄り道もしてみました。

綾瀬ー北綾瀬間を結ぶ地下鉄千代田線の支線です。

綾瀬の車庫への回走線に北綾瀬駅を作ったという路線で、1駅わずか2.1キロの路線です。

綾瀬駅も、ホームの隅っこに片面のホームをくっつけたという造り。

クリックすると元のサイズで表示します

本線は常磐線と相互直通運転する10両編成の電車が走りますが、この支線は3両編成が1駅を往復するだけです。

途中1キロは3本の線路があり、複線になると片面ホームの終点、北綾瀬駅に3分ほどで到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

現在は3両編成がやっと停車できるホームですが、

クリックすると元のサイズで表示します

数年後には、10両編成の電車が発着できるようになるようで、

クリックすると元のサイズで表示します

ただいま工事中でした。

車庫の回送電車が行き来する中、

クリックすると元のサイズで表示します

ひっそり走る変わり種の短い支線です。

北綾瀬駅から20分ほど歩いて帰宅しましたが、まあ乗ることはめったにない路線です。

まあ、平日の気分転換にはなりました。
0




AutoPage最新お知らせ