ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
富士吉田市 旅館不動湯  山梨県の温泉

2017年2月に宿泊しました。

2011年7月に富士吉田駅から改称された富士山駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

車で、富士吉田の街中から、ちょっと走ると、

クリックすると元のサイズで表示します

山中の細道となり、15分ほどで

クリックすると元のサイズで表示します

一軒宿の風情の宿に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

建物は思いのほか

クリックすると元のサイズで表示します

大きい印象です。

昔の不動湯の写真が館内にありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

ロケーションが山中の一軒宿という感じですからね。

ロビーから

クリックすると元のサイズで表示します

廊下を歩いていき、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に入ると、実にシンプルな和室です。

床暖房になっていて、こたつやヒーターはありませんでしたが、2月の寒い日でもとても暖かかったです。

お風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

男女別の内湯のみの浴室があります。

このお風呂以外にも、

クリックすると元のサイズで表示します

昔から皮膚病に効くお湯であるということで、療養者専用の浴室もあります。

浴室はとてもシンプルで、

クリックすると元のサイズで表示します

男女とも

クリックすると元のサイズで表示します

細長い浴槽が2つに区切られ、

クリックすると元のサイズで表示します

この時は冷水までではありませんが、とてもぬるい30℃くらいのお湯が小さいほうに、40℃くらいのお湯が大きいほうの浴槽でした。

無色透明、無味無臭、柔らかい浴感がするなあという、特徴は感じられないお湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

成分が極めて薄い鉱泉ということのようですが、長湯できることもあり、湯上りもぽかぽかしている不思議な鉱泉です。

1泊朝食付き4000円ほどの宿泊でしたが、夕食は館内の食堂でいただくことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

券売機で食券を購入する仕組みで、メニューが多いわけではありませんが、好きなものを選べるし、お値段も良心的です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二人でこんなチョイスで、味、量とも満足のいくものでした。

朝食は同じ食堂で、

クリックすると元のサイズで表示します

このようなメニューでした。

宿の裏手は

クリックすると元のサイズで表示します

湧水が神社として祀られ、

クリックすると元のサイズで表示します

水汲み場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂も常時2,3人が本を読みながらずっと漬かっている人がいて、さらに地元の方が入っている混雑ぶりでしたが、水汲みに来る方も多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

私は1リットルだけ汲んで、帰りました。

不思議な鉱泉です。

今度は夏場に行ってみたいものです。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.fudouyu.jp/
【泉質】 不明   
【PH・泉温】 PH7.2 
【立ち寄り営業時間】 8:00〜16:30
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】


0




AutoPage最新お知らせ