ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2017年3月のこ鉄  こ鉄の部屋

東武鉄道、西武鉄道、京急の日本3社の私鉄と、台湾の国鉄である台湾鉄路管理局の4社合同企画である「日台縦断!鉄道スタンプラリー第2弾」に参加しました。

日本、台湾で2か所、どちらかでさらにもう1か所の合計5カ所のスタンプを集めると、先着2500名限定で、オリジナルペットボトル用巾着袋がもらえるというものです。

スタンプがあるのが、

西武鉄道 西武秩父駅・本川越駅
京急電鉄 三崎口駅・穴守稲荷駅
東武鉄道 とうきょうスカイツリー駅・東武日光駅・川越駅
台湾鉄路管理局 台北駅・大甲駅・台南駅・花蓮駅

の全11駅です。

ちょうど花蓮に行く予定が決まっていたので、これなら景品がGETできると思ったわけです。

3月4日の日に大宮で所用がありましたので、まずは所用の前に「東鷲宮百観音温泉」に朝風呂に入りに行くことにして、まずは東武鉄道の特急りょうもう号に乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

普通は、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな外観が、台湾国鉄の特急普悠瑪号(プユマ号)を

クリックすると元のサイズで表示します

模した塗装にされています。

これで気分をあげて、大宮の所用終了後、JR川越線で川越駅に出て、スタンプ帳を入手して、まずは川越駅のスタンプを押します。

そのあと、東武東上線で坂戸に出て、乗ったことがなかった東武越生線に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

越生駅へ。そこからJR八高線で

クリックすると元のサイズで表示します

寄居に出て、さらに秩父鉄道に乗り換えて、

クリックすると元のサイズで表示します

御花畑駅へ。そこから5分ほど歩いた場所にある西武秩父駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

観光地の玄関駅でも、真っ暗な夜の時間では人気がありません。

スタンプを押して、特急ちちぶ号で

クリックすると元のサイズで表示します

池袋に出て、相当な遠回りをして帰宅したのでした。

その翌日は歯医者のあと、とうきょうスカイツリー駅に出かけ、日本の3カ所のスタンプをそろえたのでした。

そして、その翌々週、スカイライナーで

クリックすると元のサイズで表示します

成田空港へ出て、初めて乗るエバー航空で

クリックすると元のサイズで表示します

台北へ。

翌日、特急太魯閣号(タロコ号)で

クリックすると元のサイズで表示します

花蓮へ。台湾のスタンプ2つを得て、

クリックすると元のサイズで表示します

景品を

クリックすると元のサイズで表示します

手に入れることができました。

5年ぶりの東部幹線の列車の旅は、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

車窓の眺めが楽しめます。

花蓮から、気動車の自強号で、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

瑞穂まで往復しての、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉旅も楽しかったです。

ただ、花蓮駅

クリックすると元のサイズで表示します

瑞穂駅も

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎の改装が進められていました。

花蓮から蘇澳へは、電気機関車けん引の

クリックすると元のサイズで表示します

客車列車の

クリックすると元のサイズで表示します

急行莒光号 で移動。

クリックすると元のサイズで表示します

終着駅のすぐ近くにある冷泉を味わい、各駅停車で

クリックすると元のサイズで表示します

駅のすぐそばに温泉街が広がる礁渓駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道旅を満喫しながら、温泉も楽しめる楽しい旅ができました。

今回の台湾は桃園空港利用でしたが、今年3月に開通したばかりの台北ー桃園のMRTを帰りは利用しました。

エバー航空では台北駅でチェックインができ、

クリックすると元のサイズで表示します

身軽になってお散歩ができるし、

クリックすると元のサイズで表示します

直達車という快速タイプの

クリックすると元のサイズで表示します

35分ほどで台北駅から空港に着くし、利便性はかなり良くなったことを実感しました。

3月は台湾だけで、こ鉄的に大満足となりました。
0




AutoPage最新お知らせ