ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2017年4月の振り返り  温泉雑記帳

5回の土日があった4月。

春になったからというわけではありませんが、毎週末お出かけしてしまいました。

1週目は、岩手県大沢温泉の自炊部である「湯治屋」に1泊。

クリックすると元のサイズで表示します

本当は金曜日に休暇を取って2泊の予定が、休暇をとれずに金曜日の夜行バスで朝に花巻駅に到着し、

クリックすると元のサイズで表示します

先に宿泊していたのび先生ご夫婦にお迎えいただき、予約自体は2泊のままにしてあったので、そのままお部屋に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

そして朝風呂に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

朝食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

宴会し、昼食を館内の食堂で食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

昼寝してと1.5泊というような具合になりました。

そうしたのも、1泊朝食付きで4000円くらいの価格だからです。

立ち寄り湯で、久々に鉛温泉「藤三旅館」の

クリックすると元のサイズで表示します

有名な白猿の湯に入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、いい温泉です。

2週目は、三浦半島へ日帰り。

油壷へ行き、水族館を見て

クリックすると元のサイズで表示します

温泉ではないのですが、「京急ホテル観潮荘」にて

クリックすると元のサイズで表示します

入浴。

桜と海を眺めながらの露天風呂は、良かったです。

3週目は、これまた当初の予定では休暇を取って2泊だったのが、休めず1泊となっての湯西川温泉「清水屋旅館」

クリックすると元のサイズで表示します

古民家の宿の

クリックすると元のサイズで表示します

館内の雰囲気はいいですね。

お風呂も小ぶりですが、ほのかな硫黄の香りがする温泉がかけ流し。

クリックすると元のサイズで表示します

窓から見る川の眺めもよく

クリックすると元のサイズで表示します

食事にも満足できた

クリックすると元のサイズで表示します

宿でした。

4週目は、日帰りでここ10年来通う成田温泉「大和の湯」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂やロビーからの田園風景で心癒され、

クリックすると元のサイズで表示します

うまい魚で

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りビールは

クリックすると元のサイズで表示します

自分へのご褒美というところです。

そして、最後の土曜にはメーデーに参加し飲んだ帰りに、これまたずっと通っている蒲田弘城温泉「SPA&HOTEL 和」で

クリックすると元のサイズで表示します

温冷交互浴で、すっきりしました。

今月は6日温泉に、さらに1日温泉ではない温浴施設にも入浴しました。
0

2017年4月のこ鉄  こ鉄の部屋

4月は、5回の土日があり、

@岩手県大沢温泉1泊 A神奈川県油壷日帰り B栃木県湯西川温泉1泊 C千葉県成田温泉日帰り D東京都蒲田温泉日帰り

と週末はお出かけばかりしていました。

そして、4月21日に東武鉄道でダイヤ改正がありました。

その結果、浅草ー東武日光・会津田島を結んでいた快速、区間快速が廃止になりました。

そのお別れ乗車で、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浅草6:20発の

クリックすると元のサイズで表示します

快速会津田島行きに乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

料金不要ですが、座席はボックスシートで、

クリックすると元のサイズで表示します

所用時間は料金のかかる特急とは大きく変わらず。

浅草から3時間弱、湯西川温泉まで乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう列車で温泉に向かうのは良かったのですが・・

そして、その快速の後継が新型特急リバティです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

通勤で北千住ー春日部間で乗ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

座席は背もたれが少し硬い感じがします。

ゆくゆくは、リバティで会津の温泉へ行くことになりそうです。

4月の始まりは、岩手県の大沢温泉に1泊しましたが、往路はバスタ新宿から

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

WILLER EXPRESSの夜行高速バスに

クリックすると元のサイズで表示します

乗り、盛岡駅へ。

久々の夜行バスでしたが、やはり眠れない。

帰りは、仙台から新幹線で

クリックすると元のサイズで表示します

まっすぐ帰宅。

在来線の各駅停車に盛岡ー花巻間で乗車しましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

ロングシートですし、列車に旅情がでてきません。

こ鉄的には盛り上がりがありませんでした。(温泉は最高でしたが)

泉岳寺から三浦半島まで乗った京浜急行の快速特急のほうが、

クリックすると元のサイズで表示します

こ鉄的には楽しかったりしました。

クリックすると元のサイズで表示します

近場が多かったものの、こ鉄的には満足な月となりました。
0

労働者の祭典  只今、旅行中

と言われるメーデーが参加するべく、7時半頃に家を出発。

いつもの通勤ルートをいつもより30分ほどおそい時間帯で移動しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は春日部から野田線に乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

大宮へ出たのが、いつもとは違います。

昭和の車両乗り継ぎで、こ鉄満足で会場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

一昨年と同じ会場ですが、レイアウトが悪くとても狭く感じます。

セイカツノソコアゲがテーマのようですが、これじゃあ、どうなんでしょう。

まあ、飲んでばかりいた私には、言う資格もありませんが・・

クリックすると元のサイズで表示します

寝過ごして、蒲田駅まで乗ったので、

クリックすると元のサイズで表示します

今年初の「SPA&HOTEL 和」で一時間ほど温泉。

少し癒しになりました。
0

リバティ初乗り  こ鉄の部屋

先週の金曜日から運転開始となった、東武鉄道の新型特急リバティに運転開始1週間後にして初めて乗りました。

北千住6:42発の列車です。

クリックすると元のサイズで表示します

東武日光行きのリバティけごん1号3両と、会津田島行のリバティ会津101号3両が併結された編成です。

下今市で分割されます。

クリックすると元のサイズで表示します

乗って最初の印象は、

クリックすると元のサイズで表示します

この天井の曲線です。

座席のモケットは江戸小紋の柄。

クリックすると元のサイズで表示します

外国人観光客向けなのでしょうか。

座ってみると、従来のスペーシアより少しだけ狭い感じがするし、何より背もたれが固い印象です。

ただまだ1週間経過なので新車のにおいがします。

初乗車は20分だけ乗った春日部まで。

ほぼ満開の藤棚を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

出社したのでした。

そして、通勤の帰路も春日部20:42発のリバティけごん号+リバティ会津の浅草行きに乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯のスペーシアだと夜割310円の料金ですが、リバティは通常の510円の料金。

やはり、背もたれの柔らかさがないなあという印象です。

クリックすると元のサイズで表示します

天井の曲線は夜もいい雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆくゆくは、リバティ会津に乗って会津の温泉に行くことになると思いますが、初乗りは通勤での北千住-春日部の往復となりました。
0

いやあ  徒然記

疲れますなあ。

一段落着くはずが、手段を目的にする上司なので、目的だらけ。

20:42発の特急リバティに間に合わず、21:02発の特急スペーシアで帰宅です。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は5時起床で仕事。

黄金週間の湯治というニンジンで、心も体も何とか持っています。
0




AutoPage最新お知らせ