ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
千葉県養老渓谷温泉 鶴乃家  その他関東の温泉

2017年1月に宿泊しました。

小湊鉄道養老渓谷駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

バスで5分、

クリックすると元のサイズで表示します

歩くと20分ほどの養老渓谷温泉街の入口にある

クリックすると元のサイズで表示します

宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

外観もそうですが、玄関入ってすぐも

クリックすると元のサイズで表示します

地味な雰囲気です。

お部屋も、

クリックすると元のサイズで表示します

窓からの眺めも、隣の家ビューですし、トイレも共同で、レトロ調というわけではなく、かなり年季が入ってしまったという雰囲気です。

フロントから階段を降りて行った場所に

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂があります。

養老渓谷温泉ならではの黒湯温泉ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

以前宿泊したことがある「川の家」、「喜代元」が、黒湯で、ナトリウムー炭酸水素塩泉の重曹泉であったのに対して、

クリックすると元のサイズで表示します

ナトリウムー塩化物泉の食塩泉の表示。

確かに成分表からは、炭酸水素イオンの含有量は療養泉の名前がつかない量にはなり、ちょっと不思議な気分です。

クリックすると元のサイズで表示します

入ってみれば、さっぱりながらも柔らめな浴感で、依然入った温泉と変わらない浴感です。

加温循環されていますが、小さなかけ湯浴槽が男湯にはあって、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは源泉そのものの、お水の温度。

頭からかぶると、ほのかに玉子臭がする、柔らかさがよりあるいい感じの源泉です。

これに漬かれたらよかったのですが・・

食事は1階の、昭和の雰囲気の大広間で、

クリックすると元のサイズで表示します

いただきます。

夕食は品数はそれなりにあり、

クリックすると元のサイズで表示します

房総の食材にこだわっているということで、

クリックすると元のサイズで表示します

派手さはありませんが、おいしくいただけました。

朝食も

クリックすると元のサイズで表示します

素朴ですが、味、量とも私的には満足でした。

明るいおかみさんをはじめ、家族で営む湯治宿的な雰囲気のお宿でした。


●施設のデータ
【施設のHP】 http://www.onsen-tsurunoya.com/
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH不明 17℃
【立ち寄り営業時間】 15:00〜20:00(要確認)
【立ち寄り料金】 800円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

今年初めて、久々の  只今、旅行中

歩いても15分くらいなのに、バスに3分乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

「大谷田温泉 明神の湯」にやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年8月以来です。一昨年までは、2〜3ヵ月に1回ペースでしたが、大幅にペースダウンです。

週に1回程度の源泉かけ流し日が、土曜日であり、

クリックすると元のサイズで表示します

土日は1200円の入浴料金ですが、正午までに入ると700円。

昨夜早寝したこともあり、ぱっちり目が覚めたのでやって来たわけですが、朝一で30人以上の人がいると、空いていたり、貸切状態に慣れてしまったので、大混雑に感じてしまうのでした。

寒い時期の食塩泉は、いいんですが・・

クリックすると元のサイズで表示します

30分ほど入浴して、帰りもバスに乗ったら環七が渋滞で行きの2倍の時間といっても6分で帰宅しました。

この近さは間違いなく魅力なのですが、今年は何回くらい行くのでしょうか。
0




AutoPage最新お知らせ