ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
千葉県犬吠埼温泉 犬吠埼ホテル  その他関東の温泉

2016年9月に立ち寄り湯しました。

JR総武本線銚子駅からさらに伸びる銚子電鉄の


クリックすると元のサイズで表示します

犬吠駅は

クリックすると元のサイズで表示します

こんなネーミングライツになっているとおり、

クリックすると元のサイズで表示します

犬吠埼温泉の玄関駅です。

犬吠埼温泉は、1996年に「犬吠埼観光ホテル」が、「潮の湯源泉」を開湯したのに始まり、2000年に「犬吠埼京成ホテル」が、「黒潮の湯」を開湯した新しい温泉です。

犬吠駅から徒歩10分ほどの場所に、「犬吠埼ホテル」はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

黒潮の湯を掘り当てた「犬吠埼京成ホテル」を2012年から千葉県や民間企業出資の第三セクターの「千葉県レクリエーション都市開発株式会社」が運営しています。

京成ホテル時代に立ち寄り湯したことが1回ありましたが、外観に記憶はありません。

駐車場内に、

クリックすると元のサイズで表示します

ペンギンが飼われていますが、京成時代にあったか記憶はなく、

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ犬吠埼でペンギン

クリックすると元のサイズで表示します

なのかということもありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

可愛いから、まあ良しとします。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り入浴も積極的に受け付けている大き目なホテルです。

内湯を見ても

クリックすると元のサイズで表示します

さっぱり記憶が蘇りませんが、露天風呂に行くと

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気が記憶がありました。

お湯は地下1300Mから掘削の化石海水型食塩泉でやや茶色の色合い。

毎分300Lですが、泉温27℃で、ほかのホテルにも分湯し、かつ大きなホテルですので加温循環の湯使いで、カルキ臭もあります。

ただ、露天風呂もそうですが、ホテルのすぐ目の前が海ですので、

クリックすると元のサイズで表示します

眺めはいいです。

ぬれせんべい販売などで

クリックすると元のサイズで表示します

がんばる銚子電鉄に

クリックすると元のサイズで表示します

乗って、海の見える温泉に入るというのは、私的には有りかなという感じです。

●施設のデータ
【施設のHP】 http://www.inubohsaki-hotel.com/
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH不明 27℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜22:00
【立ち寄り料金】 1500円(平日は1200円)
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ