ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
四週間終了  徒然記

先週、今週と5日勤務先。

年末年始4週間、5日勤務がなかったので、ようやく普段通りになってきましたが、自分のペースが上がりません。

ということで、早上がりスペーシア。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ2両が小学生の団体で埋まっていたので、シーズンオフの中途半端な時間帯の割には席が埋まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

通勤だけがいいペースです。

帰宅し、風呂に入り、夕食を食べたら、まだ18時というのに早くも眠くなりました。
0

千葉県犬吠埼温泉 犬吠埼ホテル  その他関東の温泉

2016年9月に立ち寄り湯しました。

JR総武本線銚子駅からさらに伸びる銚子電鉄の


クリックすると元のサイズで表示します

犬吠駅は

クリックすると元のサイズで表示します

こんなネーミングライツになっているとおり、

クリックすると元のサイズで表示します

犬吠埼温泉の玄関駅です。

犬吠埼温泉は、1996年に「犬吠埼観光ホテル」が、「潮の湯源泉」を開湯したのに始まり、2000年に「犬吠埼京成ホテル」が、「黒潮の湯」を開湯した新しい温泉です。

犬吠駅から徒歩10分ほどの場所に、「犬吠埼ホテル」はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

黒潮の湯を掘り当てた「犬吠埼京成ホテル」を2012年から千葉県や民間企業出資の第三セクターの「千葉県レクリエーション都市開発株式会社」が運営しています。

京成ホテル時代に立ち寄り湯したことが1回ありましたが、外観に記憶はありません。

駐車場内に、

クリックすると元のサイズで表示します

ペンギンが飼われていますが、京成時代にあったか記憶はなく、

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ犬吠埼でペンギン

クリックすると元のサイズで表示します

なのかということもありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

可愛いから、まあ良しとします。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り入浴も積極的に受け付けている大き目なホテルです。

内湯を見ても

クリックすると元のサイズで表示します

さっぱり記憶が蘇りませんが、露天風呂に行くと

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気が記憶がありました。

お湯は地下1300Mから掘削の化石海水型食塩泉でやや茶色の色合い。

毎分300Lですが、泉温27℃で、ほかのホテルにも分湯し、かつ大きなホテルですので加温循環の湯使いで、カルキ臭もあります。

ただ、露天風呂もそうですが、ホテルのすぐ目の前が海ですので、

クリックすると元のサイズで表示します

眺めはいいです。

ぬれせんべい販売などで

クリックすると元のサイズで表示します

がんばる銚子電鉄に

クリックすると元のサイズで表示します

乗って、海の見える温泉に入るというのは、私的には有りかなという感じです。

●施設のデータ
【施設のHP】 http://www.inubohsaki-hotel.com/
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH不明 27℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜22:00
【立ち寄り料金】 1500円(平日は1200円)
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆
【備考】
0

401年目となると  徒然記

日曜日、養老渓谷温泉を出て、小湊鉄道に乗った後は市原市の実家へ寄りました。

親に夕ご飯をごちそうになり、22時頃の帰宅。

昨日は夕方会合があり、そのあと懇親会で終電1本前での帰宅。

ですので、今朝はフレックスで10時出社とし、しかも特急スペーシアに乗りました。

やってきたのは、金色の

クリックすると元のサイズで表示します

日光詣塗装の電車です。

クリックすると元のサイズで表示します

2編成しかないので、そうそう見かけたり、乗れることが少ないのでちょっといい気分です。

クリックすると元のサイズで表示します

朝なのでビールではなく、缶コーヒーを飲みながらとなるのですが、少し違和感を感じます。

何がというと座席にかかるヘッドカバーです。

今日は白なのですが、去年までは

クリックすると元のサイズで表示します

こんな金色風で、日光詣のロゴが入っていました。

昨年東照宮建立400年記念でこんな塗装の電車が走りだしたわけですが、今年はそのうちやめて普通の塗装になるのかしら。

気になって過去の写真を見たら、昨年1月は

クリックすると元のサイズで表示します

こんなで、3月に現在と同じ

クリックすると元のサイズで表示します

と思いきや、お寺の下の年数が今日は消されているのでした。

こんな能天気な通勤ですが、会社に行けば帰りはお疲れモード。

今日はこんなこ鉄の雑文でした。
0

今回のこ鉄 房総半島横断鉄道(後編) 小湊鉄道  只今、旅行中

養老渓谷駅から、1両の五井行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は房総半島横断ローカル線旅の後半ということで、小湊鉄道で内房線の五井駅に向かいます。

が、20分ほど乗った高滝駅で途中下車。

クリックすると元のサイズで表示します

無人駅ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

高滝湖観光の

クリックすると元のサイズで表示します

玄関駅ではあります。

20分ほど歩いて、湖畔にある

クリックすると元のサイズで表示します

市原湖畔美術館に到着しますが、

クリックすると元のサイズで表示します

お目当ては、その横にあるピザレストラン「BOSSO」です。

クリックすると元のサイズで表示します

20分ほど待ちましたが、ピザに

クリックすると元のサイズで表示します

ドルチェは

クリックすると元のサイズで表示します

とてもおいしい。

湖を見ながらというロケーションも含めて、

クリックすると元のサイズで表示します

いいレストランでした。

帰りは、高滝駅の一つ養老渓谷駅寄りにある里見駅まで30分かけて歩きました。

道中見る湖はお天気がいいこともあり、

クリックすると元のサイズで表示します

風が強いものの、気持ちのいいお散歩となりました。

里見駅は

クリックすると元のサイズで表示します

駅員がいる駅で、

クリックすると元のサイズで表示します

切符を買い、五井まで50分ほど乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな光景の中を、

クリックすると元のサイズで表示します

のんびり揺られていきます。

昨年から、トロッコ列車も走りはじめましたし、

クリックすると元のサイズで表示します

いずれ乗ってみたいものです。
0

宿を出発  只今、旅行中

昨日3回、今朝は2回入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

岩風呂風浴槽の横に、小さな湯船があります。

クリックすると元のサイズで表示します

入浴できるような大きさではなく、冷たいので源泉が入ったかけ湯用なのでしょう。

頭からかぶったり、顔を洗うとほのかに玉子臭もする柔らかい気持ちのいい鉱泉です。

朝食も

クリックすると元のサイズで表示します

夕食同様、量、味とも満足。

でもお風呂に入っていると、高校生くらいの宿の息子がかけ湯もせず、ざぶっと入ってきたり、やはり民宿、湯治宿なら気にかけないのですが、やはり旅館ですからね。

こういう雰囲気は私は全く気にならないどころか好きなくらいですが・・

でも、2〜3千円値下げして、客が2〜3割増えるというわけにはならないでしょうし、宿の経営というのは大変なものです。

命の洗濯には十分なって、宿を出発します。
0




AutoPage最新お知らせ