ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2016年9月の振り返り  温泉雑記帳

最初の土曜日に、千葉県銚子市の犬吠埼温泉「犬吠埼温泉ホテル」で

クリックすると元のサイズで表示します

海を見ながらの

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯と、今年2回目の「成田温泉 大和の湯」

クリックすると元のサイズで表示します

入浴がありましたが、今月は台湾の温泉に尽きます。

日本統治時代の「富士温泉」以来の歴史がありながら、度重なる災害で廃止が決定している「廬山温泉」で、

クリックすると元のサイズで表示します

「玉池温泉館」に宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

ツルトロの極上湯と

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい朝食と

クリックすると元のサイズで表示します

おばあちゃんのキャラクターに癒されたいい宿でした。

日本統治時代の「トンボ温泉」以来の歴史がある「東埔(とんぷ)温泉」では、「帝綸温泉飯店」という大型ホテルに宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

水着着用の洞窟風呂の大浴場と

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋のお風呂で、つるっとした温泉に入れますが、

クリックすると元のサイズで表示します

いまひとつだったので、「景祥温泉民宿」に

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯しました。

クリックすると元のサイズで表示します

水着着用の露天風呂ではなく、客室のお風呂に入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

東埔温泉のお湯を満喫できました。

温泉街の雰囲気も

クリックすると元のサイズで表示します

良かった。

そして、台湾屈指の景勝地である日月潭

クリックすると元のサイズで表示します

部屋から絶景を楽しめる「雲品酒店」に宿泊しました。

そして、こちらの宿では、

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場と、お部屋のお風呂で

クリックすると元のサイズで表示します

温泉に入れるのですが、さっぱりした浴感のいい温泉でしたのでちょっとびっくりでした。

7回目の台湾旅でも、素晴らしい温泉に出会えました。

0




AutoPage最新お知らせ