ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
プチこ鉄  徒然記

仕事ではないのですが、浮世の義理で大宮にて10:00〜11:30の会合に出席することになりました。

亀有8:11発の千代田線に乗りました。

普通なら、

亀有8:11発→北千住8:18着22発→上野8:35着45発(前橋行き)→大宮9:10着

という行程なのでしょうが、

北千住8:24発(区間急行東武動物公園行き)→春日部8:54着56発(大宮行き)→大宮9:18着

という少し遠回りルート。

まあ定期券効果でこのルートの方が240円お得ではあります。

会合が終わると帰るのですが、一瞬日帰り温泉に行こうかなと思いましたが止めて、といってJR上野東京ラインで帰るのも気が向ない。

今年は特に、東京近郊の日帰り温泉施設には足が向かなくなりました。
混んでいるし、どうしても加温循環のお湯使いが多くて、ある程度行ってみようと思うところは行ってしまったので、なんとなく足が向きません。

東北線、高崎線も昨年の3月から、上野東京ラインとなって東海道線直通になってから、混むのでこれまた乗ろうとはしなくなりました。

なので、大宮から

クリックすると元のサイズで表示します

また東武野田線に乗ります。

野田線は埼玉県と千葉県にまたがる大宮ー船橋間の62.7キロの路線。

東京に住む私にはさほど縁がない路線です。

ということで、東武伊勢崎線の乗換駅春日部を過ぎ、常磐線の乗換駅柏でも都内に向かう路線に乗り換えず、船橋までずっと(といっても柏で乗り換えなのですが)1時間半もぼんやり乗ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

宅地開発が進む中、まだ時折田園風景が広がったり、雑木林の中を走ったり、絶景ではありませんが、なじみがさほどない場所を通り過ぎていくのは、プチ旅の気分でした。

昨夜の飲み過ぎで疲れてはいたので、醤油工場がある野田市で降りる気力は湧きませんでしたが・・

クリックすると元のサイズで表示します

普通にJRで帰るよりも、2時間遠回りして帰宅。

帰宅してからは、3時間ほど昼寝してしまいました。

来週後半から始まる今年最後?の第3回夏休みでの列車の指定席と2泊未定の内の1泊の宿泊予約をネットでしていると、1日がおしまいになるのでした。


0

ようやく  徒然記

1週間が終わろうとしています。

今日は飲んで終電での帰宅。

ですので、こんな駄文すら帰宅電車の車内で書いています。

0

幸いにして  徒然記

朝は晴れ間があり、電車も太陽の光を少し反射しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲリラ豪雨もありましたが、仕事には影響はなく、帰りも交通機関の乱れはなく、こんなお天気なので行楽客が少ないので、会津・日光からの快速電車も、

クリックすると元のサイズで表示します

空いていて、少し旅気分。

ただ、今回も被害は各地であったようで、お見舞い申し上げる次第です。

帰り道、雨に降られずはいいのですが、南の島みたいな湿度ですから、やはり異常気象なのでしょう。

こういう天気は本当にいやなものです。
0

なぜか長く感じます  徒然記

まだ水曜日なのですね。

突き上げがあってからしばらく揺れる、震度4でしたが気持ちの悪い地震があり、今週もやって来た台風の

クリックすると元のサイズで表示します

影響なのか、ゲリラ豪雨はあるし、妙に湿度が高くて不快な1日であったためか、時間が過ぎるのが遅く感じます。

0

サンキュウーちばフリーパスの旅A房総半島横断ローカル線  こ鉄の部屋

クリックすると元のサイズで表示します

松戸ー成田ー銚子ー外川の往復で4,500円相当分利用したので、フリーパスの元は十分取れましたが、翌日も早く起きてしまったので出かけることにしました。

【9月4日】

この日の千葉県の入口は船橋駅。

クリックすると元のサイズで表示します

7:52発の特急新宿わかしお号に乗りこみます。

船橋駅で指定席を購入しましたが、自由席も指定席もがら空きでした。

大原まで乗車して、目指すはいすみ鉄道の急行列車。

クリックすると元のサイズで表示します

このフリーパスでは特急券、急行券を購入すれば、乗車券は購入しなくても特急、急行に乗ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

急行券を購入して、ホームに行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

あれ、準急列車です。

土日運転の『急がないで行く』急行列車は観光列車なので、この日はこんな演出なのです。

車齢50年ほどの国鉄時代からのディーゼルカーであるキハ28と

クリックすると元のサイズで表示します

キハ52の

クリックすると元のサイズで表示します

2両編成が

クリックすると元のサイズで表示します

下記のダイヤで運転されています。

@大多喜8:28発(快速)大原8:57着

A大原9:18発(急行1号)大多喜9:55着10:03発(普通)上総中野10:26着

B上総中野10:54発(普通)大多喜11:16着

C大多喜11:38発(普通)上総中野12:01着

D上総中野12:12発(普通)大多喜12:34着44発(急行2号)大原13:24着

E大原13:52発(急行3号)大多喜14:30着33発(普通)上総中野14:56着

F上総中野15:04発(普通)大多喜15:26着30発(急行4号)大原16:06着

G大原16:33発(急行5号)大多喜17:04着

今までに3回乗りましたが、すべてC+Dの列車での乗車で、うち2回はキハ28でのイタリアンレストラン列車でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はAの列車なので、指定席としての乗車です。

レストランでないと、テーブルがないほうがいいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の汽車旅気分はしっかり堪能できます。

クリックすると元のサイズで表示します

起点の大原駅、そして途中10分ほど停車する国吉駅

クリックすると元のサイズで表示します

大多喜駅には

クリックすると元のサイズで表示します

売店があり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

グッズの類を買い物してしまうのでした。

大多喜からはレストラン列車の支度が始まり、そんな中イタリアンサンドイッチBOXを売りに来たので、

クリックすると元のサイズで表示します

500円で購入。

上総中野に着いて、引き返そうと思ったら小湊鉄道の列車がやってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

思い付きで乗ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目は昭和の雰囲気濃厚でいいのですが、この座席がなあと思っていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

乗ってみると、のどかでいいものです。

クリックすると元のサイズで表示します


途中、昨年秋から運行のトロッコ列車とすれ違い、

クリックすると元のサイズで表示します

房総半島横断ローカル線の旅は終了。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は歯医者の予約があり、養老渓谷温泉にも寄らず、帰宅しました。

こういうフリーパスは思い付きで行けるのもいいし、きちんと計画を立てればお得に色々まわれるし、こういう切符を使っての旅ができるのはいいものです。

二日目だけでも3900円の元が取れて、楽しむことができました。
0




AutoPage最新お知らせ