ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
今日も静かにしていました  徒然記

台風11号は北海道で大きな被害を与えているようですが、東京は基本的に晴れ。

明日からの英気を養うべく、日帰り温泉でもと思いながらも、7時に起きてもオリンピックサッカー男子決勝ブラジルードイツの延長戦とPK戦でブラジルが優勝した試合を見ると、録画してあったスペインリーグ開幕戦である清武選手が移籍したセビージャとエスパニュオールの乱打戦(スコアが6−4)を見ると出かける気がなくなりました。

セビージャの監督が2年前のブラジルワールドカップでいいチームの印象を持ったチリ代表の監督が今シーズンから指揮をとるそうで、いい上司にあたったかもしれない清武選手はその点は恵まれたかもしれません。

ただ、この試合では清武選手に球が行ってもよさそうな展開で、球が来ていないように感じた場面もあるので、どうなるかはわかりませんが1G1Aという結果が出たのは良かったという試合でした。

そのあとCSで映画「永遠の零」をうっかり見てしまったら、阿保な上官のもと死んでいく兵士たちを見ていると心底腹が立つし、自分の教え子を結果として死なすことになった主人公が、死地に向かうところを見ると涙が止まりませんでした。

2年前の夏休みに、鹿児島県の吹上温泉で立ち寄った温泉宿が、特攻隊員が特攻に出撃する前最後に入った温泉で、その話を聞くとやりきれない気持ちになったことを思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

また5年前に行ったきれいな海に浮かぶ島パラオだって、多くの日本人が命を落としたわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

勝つための具体策は一切なく、くだらない精神論だけを叩き込んでという愚かな戦いでどれだけの人が命を落としたことか。

具体策なく、精神論だけ振りかざす阿保な上官?のもとにいるものの命は基本的に落とすことがない状況である私など、まあ平和ボケの最たるものなのでしょう。

と感情が激しく動いたら疲れてしまい、昼寝。

そして、日曜日は終わってしまうのでした。

9月に夏休み第3弾が控えているので、出かけないのは致し方ないのですが、どうも家でぐだぐだになってしまうのは反省です。


0




AutoPage最新お知らせ