ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第6回台湾旅の振り返り(1)飛行機  海外旅行

今年の夏休みの前半戦ということで、4泊5日で6回目となる台湾に行ってきました。

「成田美湯」と名付けられた温泉大浴場を持つ

クリックすると元のサイズで表示します

空港近くの「成田ビューホテル」に前泊していますので、正確には3泊4日が台湾旅となります。

成田空港8:50発の飛行機に乗るということで前泊したのですが、台湾を直撃した台風1号の影響で、

クリックすると元のサイズで表示します

結果的には13:05の出発であり、前泊はいらなかったのですが・・

一番最初の台湾旅の2010年4月以外は、羽田ー台北松山路線でしたが、今回は6年ぶりに成田空港ー台北桃園間のフライトを往復利用しました。

そして、航空会社が初のLCC利用となるバニラ航空。

クリックすると元のサイズで表示します

機内のシートピッチがとにかく狭いのに驚きました。

往復で2400円余計に払ってリラックスシートにしたのですが、なんてことはない非常口横の座席で、それでも普通の航空会社のエコノミークラス並みでした。

そして飲食サービスは一切なし。

水すら200円払って350oのペットボトルを購入しなくてはいけません。

隣の席のおじさんは空港で買った缶ビールを飲んでいてCAに持ち込みは禁止ですと注意を受けていました。

往復で普通の航空会社の割と安いチケットよりも、私が好んで泊まる湯治宿の2泊分くらい安いのは確かに魅力的ではありますが、それでもそれなりの金額を支払っているので、今後利用するか私的には微妙な感じです

ということで最初で最後かもしれないので、

クリックすると元のサイズで表示します

機内でグッズを購入。色合いは好きなんですよね。

成田空港は何回か利用してきましたが、昨年オープンしたLCC専用ターミナルである第3ターミナルを初めて利用しました。

第2ターミナルから600Mも粗末な通路を歩き、ターミナル内も極めて簡素。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな仮設風の空港は初めてでした。

地震が来たら天井が落っこちそうだし、保安も大丈夫なのだろうかという気になりました。

成田空港の第3ターミナルは利用したくないのは間違いないですかね。

6年ぶり2回目の台北桃園空港。

クリックすると元のサイズで表示します

台北松山空港よりも、

クリックすると元のサイズで表示します

時間をつぶせる空港ですが、台北からのアクセスがいまいちです。

35分で台北駅までを結ぶ予定のMRTの開通が

クリックすると元のサイズで表示します

待ち遠しいです。

というか7月に開業予定なので桃園空港利用にしたのですが・・

ただ結果論でいうと、台湾に着いた日は新幹線も在来線も(在来線は17時以降順次運転再開したらしいですが)台風1号影響で運休でしたので、新竹に向かうには桃園の方が近いので良かったということではあります。

計画では、桃園空港からバスで新幹線の桃園駅に出て、新幹線で新竹へ、そこから在来線の六家線で新竹駅に出て、ホテルの予定でした。

しかし、そういう状況でしたのでタクシーで新竹へ向かうことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

高速道路をぶっ飛ばし、60qほどの距離を50分ほどの乗車、1500元(5000円弱)の料金で新竹に到着となりました。

帰りは松山空港に近い小籠包屋「小上海」で(1個13元は味も考えると満足でした)

クリックすると元のサイズで表示します

昼食としたので、松山と桃園の台北の2つの国際空港をダイレクトに結ぶ国光客運のリムジンバスに、

クリックすると元のサイズで表示します

乗車しました。

50分125元(約400円)ですので、MRT開通まではこういう移動もありかもしれません。

ただ利便性を考えると、次回は羽田-松山路線を使うのは間違いなさそうです。
0




AutoPage最新お知らせ