ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2016年夏休み第1部4日目(午後)   只今、旅行中

チェックアウトをして、新竹駅から六家行きの各駅停車の電車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

竹中までは昨日乗った内湾線で、そこから一駅だけ六家までが、六家線です。

クリックすると元のサイズで表示します

新竹駅から20分で終着駅六家駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

六家駅は、新幹線の新竹駅に隣接しています。

クリックすると元のサイズで表示します

離れている新幹線と在来線の新竹駅を結ぶために新しく作られたのが、六家線なのでした。

さて、新幹線駅に行って切符を買おうとすると、指定席は満席、自由席となります。

クリックすると元のサイズで表示します

各駅にとまる新幹線で、いつのまにか台北駅から一駅南港駅まで延長されています。

次の桃園まではデッキに立ちましたが、そこでだいぶ降りたのであとは座って30分ほどの乗車で台北駅に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんが腹減ったというので、MRTに3駅乗り東門駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

GWに、のび先生に場所を教えてもらった「永康牛肉麺」というお店に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

さすが有名店、行列していますが、回転は早く案外早く食べることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

でもかみさんと2杯で470元(約1400円)はちと高いぞ・・

食べ終えるとすぐにMRTに乗り、北投駅で乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

新北投駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

1年半ぶり3回目の北投温泉に、今回でついに初宿泊となります。

クリックすると元のサイズで表示します

北投温泉なのに、「熱海飯店」

クリックすると元のサイズで表示します

これが昭和の大型温泉ホテル雰囲気濃厚です。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋とか、大浴場の雰囲気というよりは

クリックすると元のサイズで表示します

館内全体の雰囲気がそう思わせます。

ですので、予約サイトの口コミサイトの評判は基本的によろしくありません。

私的には、大浴場のお湯はいいし、部屋のお風呂も温泉ですし、大いに気に入ってしまいました。

1泊朝食付きで2人で宿泊して、1人あたり4000円しない料金ですからね。

夕食は新北投駅近くの食堂で

クリックすると元のサイズで表示します

この旅3食目の魯肉飯

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんが今日も疲れたとのことで、二人でこの夕食という粗食ぶりですが、これで100元。

しかも割と美味しいので満足して、宿に戻りました。

あとは、部屋の温泉に入って、台湾ビールを飲んで、ゆったり過ごします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016年夏休み第1部4日目(午前)  只今、旅行中

今朝は7時過ぎのゆっくりした起床。

昨日宿泊に来た台湾を自転車で1周するツアー団は出発しようという時間です。

クリックすると元のサイズで表示します

大型観光バスにスーツケースを積み込み、3台のワゴン車には

クリックすると元のサイズで表示します

水やら果物が積まれて、

クリックすると元のサイズで表示します

とサポート体制万全の

クリックすると元のサイズで表示します

ツアーのようです。

以前テレビで「環島自転車ツアー」が人気なのだというのを見ましたが、昨日乗った内湾線の列車の車体にも、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな絵があったし、そうなのでしょう。

朝食は本来ついているので、今日はホテルのバイキングをいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

味は普通ですが、ナゲットを齧ったら差し歯が少しかけました。

台風がいなくなっても、気をつけないといけないことだらけです。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋に配られる新聞の一面も、連日穏やかではありません。

朝食後は、昨日内湾で買ったさとうきびジュースを飲んだりして、

クリックすると元のサイズで表示します

まったり。

気温は30℃を超えていませんが、湿度が90%くらいあるので外にいると案外応え、かみさんが特にバテ加減なので、まあこんなものでしょう。

清泉温泉は予想はしていたものの空振りとなりましたが、新竹の最低限の観光はしたし、内湾線でのローカル線旅もできたし満足。

2泊した「新竹福華大飯店」は1泊朝食付きで約9000円の部屋料金。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋はじめ施設には、

クリックすると元のサイズで表示します

満足のいくホテルでした。

ただ、清泉温泉は空振り前提で(実際空振りでしたしね・・)、温泉押さえの一泊を計画しておきました。

ですのでチェックアウトをして、午後は温泉旅館へ移動します。

0




AutoPage最新お知らせ