ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
今年初の  徒然記

去年はなかったと思っていたので、2年ぶりのと思いきや、自分のブログを調べたら、昨年10月もあったようなので、こんなタイトルになりました。

2012年から始まった「良性発作性頭位めまい症」によるめまいが昨日から始まりました。

痛いとか気持ち悪いはないのですが、ちょっと下を向いたりするとぐらぐらする感覚があるのは、やはりよろしくありません。

先週から遊び過ぎですかね・・

明日は気をつけてプチ出張して、この土日は静養ですかね。

0

平日は・・  徒然記

昨日は会社の後輩と飲んだのですが、帰りの電車であんな記事を書いていたのですね。

夏休み明けは、書類作成の仕事が多くて家ではパソコンを見たくない感じです。

ということで、本日はこんな駄文にて失礼いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

つい比べてしまいます  徒然記

台湾に行った、その週末に下部温泉行きと続いたので、ついどうしても比較してしまいました。

日本(下部温泉):台湾(北投温泉)との比較ですが

【距離】下部:北投  1:10

【所要時間】 下部:北投  1:2

【移動料金】 下部:北投  1:2

【宿泊料金】 下部:北投  2:1

【現地食費】 下部:北投  2:1

【トータル旅費】 下部:北投 1:1.5

北投温泉が、烏來温泉や金山温泉や陽明山温泉になってもそれほど上記比較は変わらないとなると、これからの旅の選択が変わるかもしれません。

そうは言っても、移動料金は移動距離ではなく、移動時間と比例することがわかり、宿泊料金や現地食費は日本のほうが2倍かかりますが、交通費と現地宿泊と食費を足すと、下部温泉に行く1.5倍の費用で台湾の温泉での湯治ができるわけですね。

まあ、複雑だなあと思う平日初日でした。
0

下部温泉湯元ホテルを出発  只今、旅行中

宿泊8回目、立ち寄り2回通算10回目の下部温泉でした。

宿泊は昨年2月以来1年半ぶり2回目となった「湯元ホテル」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル曰く、下部温泉では3軒しかない自家源泉所有宿だそうで、29℃、毎分90L自噴のPH8.75のアルカリ性単純温泉と40℃以上の湯温がある共同管理新源泉の二つの温泉がたっぷり楽しめる宿です。

2連泊で42時間滞在中、通算6時間ほどお風呂に漬かり、20時間睡眠というまさに湯治生活でした。

外で好き勝手に食べるのもいいということで、今回は朝食付きのみでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

食事は派手さはないのですが、きちんと美味しい。

下部温泉駅から、3連休最終日ですが空いている特急ふじかわ号に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは甲府に出て、

クリックすると元のサイズで表示します

甲府始発の特急かいじ号の自由席に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

ある意味いつものパターンで

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅します。
0

連泊中日の午後  只今、旅行中

4時間も昼寝してしまい、起きると早くも夕方。

風呂に30分ほど漬かってから、夕食を外に食べに行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

下部温泉に来ると食べに来ることが多い、「いしもと」で、

クリックすると元のサイズで表示します

生ビールとほうとう。

馬刺しがメニューから消えたので、

クリックすると元のサイズで表示します

代わりに?しょうが焼きも食べました。

宿に戻り、1時間近く風呂に漬かると、また眠くなってきました。

0




AutoPage最新お知らせ