ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
春を求めて?  徒然記

仕事中、トイレに行きたくて、道の駅すぎとへ。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレの出入り口のすぐそばに、

クリックすると元のサイズで表示します

ツバメが巣を作っています。

私を取り巻く平日の環境が真冬なので、こうやって春を感じさせるものに、とても心和ませてもらえます。

クリックすると元のサイズで表示します

かくして、帰宅はこんな感じでした。
0

桜の次は  徒然記

先週で桜の花は散ってしまいましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

今日は特急スペーシアに乗り、藤の花を見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけはなく、朝の通勤です。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ満開ではありませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

心和む眺めではあります。

今週末が藤祭りですが、わざわざ祭りに来なくても、この眺めを堪能できるのは今現在の幸せではあります。

今日は、やる気が感じられないという精神論しか振りかざさないアホな隊長との、仕事の進捗報告面談でした。

今日もそのアホな隊長に、おまえは真剣にやっていないと言われまくりましたが、おまえが個別具体的を真剣に考えず、精神論のみを振りかざすだけのうえに、フラッシュアイデアのご披露と、ひどく無駄な時間がありましたが、心穏やかに聞かないで済んだのは、こういう眺めのおかげでした。


0

開店休業  徒然記

疲れているわけではないのですが、何も書く気力が出ません。

ので、本日はこれにて失礼いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


2014年6月に始まった株式会社DeNA が運営する「ガイドブックス」というサイト。

そのサイトのうち、「北海道」「長野」「千葉」「伊豆・熱海」「東京」「横浜・鎌倉」「群馬」「富士山周辺」「箱根」の9つのエリアの看板ライターの一員として、基本的に私のブログ記事をDeNAの担当の方が編集していただいた北海道10、長野77、千葉7、伊豆・熱海27、東京20、横浜・鎌倉13、群馬39、富士山周辺43、箱根8の合計244本が掲載されていました。

DeNAの担当Sさんから、ブログにコメントをいただき、メール、電話でやり取りする中で、掲載という運びになりましたが、開始されて担当者が代わりましたというメールがあって以降は、全く没交渉。

そして、今日ふと見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな表示となっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ライターの端くれでしたので、告知させていただきました。
0

熊本大地震  徒然記

木曜日の夜に大きな地震発生のニュースに驚いていて、今朝起きるとまたしても大地震発生のニュース。

寝ぼけていたので、最初は、木曜日発生地震の映像かと思ったらなので、本当に驚きでした。

熊本は、学生時代に通ったことがあるのと、2014年9月の温泉旅で行っただけで、熊本城すらきちんと見たことがない場所です。

今回ニュースで出てくる地名を見たり聞いたりしても、位置がぴんと来なかったりします。

Facebookを見ていたら、地獄温泉「清風荘」さんの記事があり、びっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近くの垂玉温泉「山口旅館」さんと、道路不通により、山中で孤立状態。

午後になってニュースの映像でも出てきていました。

空から見る、「山口旅館」さん周辺の映像は、胸が痛くなるような絵でした。

2014年9月の時は、「清風荘」さんに宿泊して、「山口旅館」さんに立ち寄り湯しました。

あこがれの「すずめの湯」がある「清風荘」さん。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉も食事も本当にいい宿でした。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊したかったのですが、泣く泣く立ち寄り湯にした「山口旅館」さん。

クリックすると元のサイズで表示します

露天も内湯も

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気、お湯とも最高で、宿の方の対応が良かったことが思い出されます。

熊本では、奴留湯、山川、はげの湯、岳の湯、黒川、うしず、満願寺、内牧、人吉と11温泉地で14カ所の温泉に入りましたが、ほかにも泣く泣く行くのをあきらめた温泉も沢山あり、また行きたい場所です。


最後に、被災された方々にはお見舞い申し上げます。
1




AutoPage最新お知らせ