ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
昔はよかったなあ  こ鉄の部屋

というおじさんがたくさんいますという話が、「いすみ鉄道社長ブログ」にありました。

私の場合、悪かったということはなかったが、良かったという時代もありません。

学生時代に乗っていた車両に、旅先で会うと、でもやはり懐かしいという気持ちがとても出てきます。

先週末に山梨に行った際に、

クリックすると元のサイズで表示します

高校生くらいまでよく見かけて乗った京王線電車が、当時の塗装に戻されているのを見るととにかく懐かしい。

その旅で、中央線の各駅停車に何回か乗ると、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車にみんな代わっていました。

去年までは

クリックすると元のサイズで表示します

学生時代から変わらないままにこういう電車が走っていたのに、勝手な旅人はなんで代えてしまったのだと嘆いてしまうのでした。

特急「あずさ」に乗りましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

一昨年臨時列車の「あずさ」で乗った

クリックすると元のサイズで表示します

やはり昔の車両の方が、懐かしさで気持ちが盛り上がります。

ただ、実際に乗ってみると座り心地は今の電車の方が全然いいのです。

だから、勝手な旅人は・・ということになります。

いすみ鉄道のように、

クリックすると元のサイズで表示します

左の昭和40年から走り続ける車両を観光列車として走らせてくれるのは、ありがたいことだなあと思うのでした。

ただ、芸の細かいことに新型車両を右の車両のように、

クリックすると元のサイズで表示します

昭和風にしているのが、ある意味画期的だなあと改めて感心するのでした。
0




AutoPage最新お知らせ