ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
飲泉  温泉雑記帳

この土日は山梨県の5か所の温泉に入りました。

そのうち4カ所が飲泉できした。

○はやぶさ温泉(アルカリ性単純温泉PH9.95 42.3℃)

クリックすると元のサイズで表示します

湧出量が日量700トンと豊富な湯量で、湯船のかけ流しはむろんのことシャワーも温泉。

そして、温泉水が販売もされていました。

クリックすると元のサイズで表示します

入っているとほんのり甘いような香りがしますが、飲むと柔らかい飲みやすい温泉水です。

○正徳寺温泉「初花」(アルカリ性単純温泉 38℃)

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはとろけるようなぬるま湯。

こんな飲泉所があり、

クリックすると元のサイズで表示します

ペットボトルに汲ませていただきました。

入浴していると、ほんのりモール臭がしますと、飲むとやはり癖がなく、ちょっと不思議な感じです。

○湯村温泉「湯村ホテルB&B」(ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 PH8.5 46.5℃)

クリックすると元のサイズで表示します

こちらにも、ちゃんとした飲泉所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらもペットボトルに汲ませていただきました。

ちょっと苦みというか癖がある温泉水です。

○湯立人鉱泉(泉質不明)

謎の鉱泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴感は極めて特徴のない普通のお湯です。

ただ浴後は、効いた感というか、けだるい感じになります。

今回で3回目でしたが毎回同じで、不思議なお湯です。

飲んでも、一番普通の水という感じ。

今週は、この4種類の温泉水を飲みながら、乗り切る予定です。
0




AutoPage最新お知らせ