ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
千葉県勝浦万祝温泉 臨海荘  その他関東の温泉

*2015年11月8日の記事を加筆修正しました。

2015年7月、11月、2016年1月と3回宿泊しました。

ひなまつりでも有名な町である

クリックすると元のサイズで表示します

勝浦市の玄関駅である勝浦駅から徒歩10分ほどの場所に建つ宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

海のそばに建つ宿だけあって、玄関に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

館内を歩くと

クリックすると元のサイズで表示します

漁師宿?の雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜか、妙なものも置いてあったりしますが・・

お風呂の前の、りらっくするーむからも

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋からも

クリックすると元のサイズで表示します

海の眺めを堪能できます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は1階に男女別と家族風呂の3つのお風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

家族風呂は無料でチェクイン時に、時間を予約して入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

鯛の形の浴槽がかわいらしいです。

男湯は

クリックすると元のサイズで表示します

おこもり感がある雰囲気なのに対して、女湯は

クリックすると元のサイズで表示します

明るい雰囲気のようです。

お湯は、

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒー色のとろりと柔らかい感触で、湯上りはさっぱりつるっとした感じが残り、加温循環ですが悪くはないお湯です。

2回とも素泊まりなので、食事は食べていません。

ですので、夜は2015年のB-1グルメグランプリ大賞を取った勝浦タンタンメンを外で食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

たくさんのお店の中から、宿の近くの二軒でいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もう一軒は

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見た目も味も違いがありますが、どちらもおいしくいただきました。

更に2016年1月に宿泊した際には、

勝浦駅前の

クリックすると元のサイズで表示します

ビジホのレストランで

クリックすると元のサイズで表示します

辛めのタンタン麺を食べ、

日本三大朝市である勝浦朝市が

クリックすると元のサイズで表示します

開かれる通り沿いにある

クリックすると元のサイズで表示します

有名なお店で

クリックすると元のサイズで表示します

あっさり、さっぱり風味のタンタン麺を食べました。

お店ごとに、特徴があって食べ歩きは案外楽しいものです。

2016年1月の宿泊の際は、二食付きでした。

一泊目の夕食

クリックすると元のサイズで表示します

サザエ

クリックすると元のサイズで表示します

アワビと

クリックすると元のサイズで表示します

本当に美味しい。

一泊目の朝食

クリックすると元のサイズで表示します

二泊目の夕食

クリックすると元のサイズで表示します

大きくて

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい

クリックすると元のサイズで表示します

ハマグリにびっくりでした。

二泊目の朝食

クリックすると元のサイズで表示します

外で勝浦タンタンメンもいいのですが、宿での海の幸たっぷりの食事も素晴らしいのでした。

部屋からの海の眺めも素晴らしいし、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉もきちんとしていて、これからも宿泊することがありそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.rinkaisou.com/index.htm
【泉質】 ナトリウム-炭酸水素塩泉     
【PH・泉温】 PH8.4 19.2℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜14:00
【立ち寄り料金】 1080円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

0




AutoPage最新お知らせ