ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
行楽シーズンのようですね  徒然記

今日の通勤、朝は快速東武日光・新藤原行(本来は新藤原ではなく会津田島行なのですが、9月9日の大雨による影響で未だ電車不通区間がある関係)に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、日光詣塗装の特急きぬ号に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも本来は温泉旅で乗るような性格の列車ですが、現在の私には快適通勤の列車となっています。

単に早いだけではなく、旅気分を味わえる気分転換になる貴重な列車です。

ところが今月は、朝も夜も混んでいます。

そして客層は行楽客。

ただ、朝は団塊世代、夜は外国人観光客が主体と客層が違います。

そして、お行儀の悪いのは圧倒的に朝の客層。

酔っぱらいがいないのに、マナーが悪いのが目立ちます。

私が社会人になった頃、40歳くらいで会社の中心となっていた世代で、つまらん自己主張が多い世代で(他の世代にもそういう人がいるのはよくわかっていますが)、腹を立てたり、うんざりしたりすることがよくありました。

もっともバブル入社世代の私が、現在の20歳代からどう見えるかを想像すると、怖いものはありますが、ああはなりたくないという反面教師が多かったのです。

歳を重ね、仕事では見かけなくなったこの世代ですが、今は湯の花が舞う温泉で声高に、「汚いなあ、掃除しているのか」と騒ぐ場面に出くわしたり、こうやって電車の中で不愉快に感じる人間に遭遇するので、とにかく一緒に居合わせたくない人が多い世代なのです。

それはさておき、たぶん紅葉も含め、いい景色の時期なのでしょうね・・・

行くことなく、通勤電車で推測するだけになりそうな秋です。
0




AutoPage最新お知らせ