ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
札幌へ  只今、旅行中

札幌駅から地下鉄で三駅目の中島公園駅そばの

クリックすると元のサイズで表示します

シティホテルが本日の宿。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋のユニットバスも部屋もゆったりしていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

入湯税を徴収するれっきとした温泉です。

ナトリウムー塩化物泉ですが、まあお湯についてはノーコメントですかね。

設備は良かったですよ。
0

登別駅  只今、旅行中

登別駅に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一足伸ばしたくなりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり断念。

特急スーパー北斗で、

クリックすると元のサイズで表示します

一気に札幌へ移動します。
0

本日の立ち寄り湯A 虎杖浜温泉 「花の湯」  只今、旅行中

もう1ヶ所立ち寄り湯してみました。

国道沿いの日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ年季が入った建物ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

私的には好きな雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも自家源泉かけながし。

クリックすると元のサイズで表示します

同じナトリウムー塩化物泉ですが、色は薄く、ツルというよりヌル感で、食塩泉という浴感は感じません。

が、湯上がり二階の休息所にいると汗がひかず、いやあ意外に奥の深いお湯なのかもしれません。

虎杖浜温泉は、私の乏しい知識では「民宿500マイル」しか知りませんでしたが、(500マイルは立ち寄り湯していないんですよね。)思いつきで行ってみた割にはどちらも大満足となりました。
1

本日の立ち寄り湯@虎杖浜温泉「 アヨロ温泉」  只今、旅行中

苫小牧から室蘭方面に向かうのであれば、普通は登別温泉となるのでしょう。

温泉街としては大きく、あれもこれも入った方がいい温泉だらけなのでしょうが下調べは全くしていないし、ぐったり疲れたおじさん状態でもあり、今回はパス。

登別の一つ手前の虎杖浜駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

海沿いを15分ほど歩いてやって来たのは、「アヨロ温泉」です。

クリックすると元のサイズで表示します

新しくきれいな建物ですが、420円。

自家源泉かけながしです。

クリックすると元のサイズで表示します

薄緑色のツルトロ感のある、食塩泉とモール泉が合体したような素晴らしいお湯です。

地元の方が10人くらい入浴しているのも、納得です。
1

駅弁食べながら移動中  只今、旅行中

苫小牧駅からは、東室蘭行きの列車に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

1両のディーゼルカーで苫小牧の駅弁を食べながら、ぼんやりしていると

クリックすると元のサイズで表示します

旅気分です。

しかも、この駅弁、サーモン弁当とほっき弁当の両方が入ったもので、なんとなくお得な気分。

ほっきは特に美味しかったです。
0




AutoPage最新お知らせ