ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
湯立人鉱泉  山梨県の温泉

2015年2月に立ち寄り湯しました。

JR中央本線猿橋駅。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと変わった駅舎は、駅から徒歩20分ほどの場所にある日本三大奇橋「猿橋」を

クリックすると元のサイズで表示します

モチーフにしたようです。

しかし、猿橋を見ずに普通の橋を渡って、

クリックすると元のサイズで表示します

中央高速自動車道の下の県道から

クリックすると元のサイズで表示します

脇道に入って、駅から15分ほど歩いて

クリックすると元のサイズで表示します

湯立人鉱泉に到着です。

ただ道中一切案内の看板を見ることもなく、建物を見ても看板はやはりなく、

クリックすると元のサイズで表示します

全く普通の民家にしか見えません。

ただ、屋根をよく見ると

クリックすると元のサイズで表示します

湯気抜きがあり、玄関もよく見ると

クリックすると元のサイズで表示します

営業中の札がかかり、ようやく間違いなく到着したことを確認できたのでした。

優しいおばあちゃんにお風呂まで案内していただくわけですが

クリックすると元のサイズで表示します

田舎のおうちの雰囲気。

浴室に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

天井は高いのですが男女の仕切り壁は妙に低く、鉱泉なので沸かし湯ですので浴槽には板で蓋がしてあります。

蓋をとると、

クリックすると元のサイズで表示します

一人入れるくらいの小さな浴槽で、そこに無色透明、無味無臭のお湯が湛えられています。

溜め湯の状態ですが、飲泉もできるという表示でカップが置いてあるものの、なぜかコンビニのロゴが入っているそのカップの場所に蛇口があり、

クリックすると元のサイズで表示します

加温された鉱泉と、水状態の鉱泉そのままを出すことができます。

水の方を洗面器に入れてみると、やはり臭いは感じず、感触がやわらかいのかなあというくらいの感想。

お湯に漬かっていても、やわらかい感触ですがそれほど特徴は感じず、まあ浴室の雰囲気はいいし、一人でゆっくり入っていられるからまあいいかくらいの感想でした。

ところが湯上りに広間で

クリックすると元のサイズで表示します

お茶とお茶うけの小梅をいただいていると、30分くらい使っていただけなのに、妙にぐったりするような、湯当たりのような感じになりました。

湯立人(ゆたんど)という少し変わった名前になったのは、昔足腰が立たない人がこのお湯に入っていたら、数週間で立って歩くことができるようになったからという言い伝えによるようですが、全く特徴がなく、しかも沸かし湯なのですが、お湯自体の力はすごいのかなと思ったのでした。

また、再訪してこの鉱泉の力を感じてみたいものです。


●施設のデータ

【施設のHP】 無
 (参考) 大月市観光協会のページ http://otsuki-kanko.info/stay/7688.html
【泉質】 不明   
【PH・泉温】 不明
【立ち寄り営業時間】 12:00〜17:00
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1

下部温泉 湯元ホテル  山梨県の温泉

2015年2月に宿泊しました。

戦国時代、武田信玄のかくし湯として有名な下部温泉は500年の歴史がある温泉地です。

現在も下部川に沿って、十数軒の湯宿が並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します

風情のある温泉街です。

そんな宿の中で源泉を持つ宿が3軒しかないそうで、その中の一軒が名前のとおり「湯元ホテル」です。

クリックすると元のサイズで表示します

下部川沿いに立つ大きな建物ですが、ちょっと妙な入口から

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の時代にタイムスリップしたような雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に向かう途中も

クリックすると元のサイズで表示します

その雰囲気は変わらず、お部屋に入ると

クリックすると元のサイズで表示します

お布団がすでにひかれ、今度は湯治宿の雰囲気。

飲泉番付上位?

クリックすると元のサイズで表示します

の下部温泉水が部屋に

クリックすると元のサイズで表示します

置いてあり、しっかり飲ませていただきました。

お風呂は2か所あります。

ひとつは、この時は夜中まで男性風呂であった地下の大浴場で、

クリックすると元のサイズで表示します

下部温泉本来の30℃ほどのぬるい浴槽と

クリックすると元のサイズで表示します

仕切り壁の小さな通り道の向こうに

クリックすると元のサイズで表示します

近年掘削した高温の温泉が湛えられた

クリックすると元のサイズで表示します

いずれもタイル張りのふたつの浴槽があります。

2月なので大半の人は熱湯の方に入っていたので、ぬる湯はほぼ独占状態。

時折熱いお湯に入れば、あとはぬる湯で十分に寒い思いをすることなく、下部温泉を満喫できました。

もう一つのお風呂は、朝だけ男性風呂であった信玄公隠湯と

クリックすると元のサイズで表示します

名付けられた岩風呂。

クリックすると元のサイズで表示します

浴槽自体はタイル張りであるのは大浴場と変わりませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

壁の岩は飾りではなくて、

クリックすると元のサイズで表示します

岩と浴槽の間の底から、どうも自然湧出しているようです。

大き目な浴槽がぬる湯なのも含めて、こちらのお風呂の方が雰囲気、お湯とも良かったです。

さすが「湯元」を名乗るだけのものがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は食事処でいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

鍋は山梨名物のほうとう

クリックすると元のサイズで表示します

締めにご飯も出て

クリックすると元のサイズで表示します

味、量とも大満足。

朝食も

クリックすると元のサイズで表示します

量が少なくならず、味もよいままで、7500円の宿泊料でしたので大満足です。

それなりの大きさの宿なので家族経営ではなく、従業員が何人かいるのですが接客はさほど教育されていない部分があって、しいて言えばそこが欠点となるのかもしれません。

私としては安くて、いい温泉に漬かれて

クリックすると元のサイズで表示します

食事もいいので、ちょっと好きになった宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】http://www.shimobeonsen.com/
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 PH8.5 29.1℃
【立ち寄り営業時間】 要問合せ
【立ち寄り料金】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
1




AutoPage最新お知らせ