ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
朝風呂  只今、旅行中

今日は祝日にてお休みですが、朝3時にばっちり目が覚めてしまいました。

上田温泉の記事を書いて5時に家を出発。

春日部まで今月からの通勤ルート、今日は東武線にもう少し乗って久喜へ。

クリックすると元のサイズで表示します

JRに乗り換えて東鷲宮駅で下車。
土日祝日は朝6時半から営業開始の「百観音温泉」にオープンと同時に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は2月にも来ていますし、来る時は大抵こうやって朝早い時間に来るのですが、いつもと同じく沢山の人がお風呂に入っています。

今日は前回と違う「菩薩の湯」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな早朝に温泉好きばかりと思いきや、湯の花をゴミだらけだと騒いでいるオヤジがいたりしました。

こういうお客様の声はぜひ聞かないでいただきたいものです。

朝風呂の後は、メーデーに行ってきます。
0

上田温泉 ホテル祥園  長野県の温泉

2014年10月に立ち寄り湯しました。

別所、鹿教湯、田沢、沓掛、霊泉寺といった丸子温泉郷の玄関駅である北陸(長野)新幹線上田駅から上田城方面へのバス通りから、左に少し入った

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩5分ほどの場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

3階建ての地味な外観ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

宴会場もあり、シティホテル的な性格もあるようですがエントランスもこんな感じで

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の雰囲気が残ります。

お部屋は2、3階にありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

3階のお部屋へは階段でないと行けないような造りになっています。

3階のお部屋に宿泊しました。

駅のそば、元々の城下町中の立地ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

窓からは信州の山々が見え、

クリックすると元のサイズで表示します

眺めは十分、

クリックすると元のサイズで表示します

簡素ですが清潔感のある和洋室でした。

部屋にユニットバスはありますが、温泉の大浴場が1階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、1か所しかなくて時間制での男女入れ替えです。

クリックすると元のサイズで表示します

源泉温度17℃、加温循環でお湯の投入量も少ないのですが、塩素臭は感じることはなく、浴感もまあやわらかい感じ、湯上り後はお肌にすべすべ感があったので、立地から考えるとどうかなと思っていましたが、悪くはありませんでした。

本館の狭い道を挟んで建つ「別館寿久館」にも

クリックすると元のサイズで表示します

温泉浴場があり、本館宿泊者でも入浴することができます。

こちらは本館とうって変わって、和風民芸調の館内の雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

玄関から右に入って、歩いていくと

クリックすると元のサイズで表示します

男女別に2つの浴室があります。

クリックすると元のサイズで表示します

こじんまりした黒川温泉風といった和風の岩風呂で、雰囲気は本館のお風呂と全く違います。

湯口が

クリックすると元のサイズで表示します

こんなかわいい感じなのがちょっとミスマッチですが、これもまたいい感じでしょうか。

駅の近くでビジホのお値段で宿泊できて、温泉がついていますので案外穴場かもしれません。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.ueda.ne.jp/~shoen/index.html
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH7.2 17℃
【立ち寄り営業時間・料金】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】


1

下諏訪温泉 古久屋  長野県の温泉

2014年8月に立ち寄り湯しました。

JR中央本線下諏訪駅から

クリックすると元のサイズで表示します

15分ほど歩いた温泉街というか宿場町であった風情が残る地区にある、鎌倉時代に建てられた旦過寮の湯だという由緒ある「旦過の湯」(下の写真の奥の温泉マークの建物)の並びに、「鉄鉱泉本館」とつながっているような建物の宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

「鉄鉱泉本館」に立ち寄り湯しようと思ったら、お湯を張りはじめたところで入れませんということで、「古久屋」さんに立ち寄ったという実はひどい選択理由です。

玄関を入り、

クリックすると元のサイズで表示します

声をかけると、おかみさんが出てきて、

「あれっ、今お湯を入れている最中だから小さいお風呂で良ければ・・」

ということでしたが、ぜひお願いしますと頼んで、食堂の横を抜け、

クリックすると元のサイズで表示します

おかみさんにお風呂までご案内いただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室が二つ並んだ「ご婦人風呂」に

クリックすると元のサイズで表示します

入浴します。

脱衣所から小ぶりで、

クリックすると元のサイズで表示します

浴槽も小ぶりですが、一人で入る分には十分ですし、しかもシャワーまで温泉ですから入る前から満足な気分です。

いざ、入ってみると熱めの旦過の湯源泉が、

クリックすると元のサイズで表示します

湯量は絞っているものの、完全かけ流し。

熱めですが、さっぱりした浴感に大満足なのでした。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉  
【PH・泉温】 PH8.7 56℃
【立ち寄り営業時間】 要確認 
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
1

上諏訪温泉 旅荘二葉  長野県の温泉

2014年8月に立ち寄り湯しました。

ホームに温泉足湯があるJR中央線上諏訪駅の

クリックすると元のサイズで表示します

諏訪湖側の改札から徒歩4分の場所に立つ宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

大型ホテルが多い上諏訪温泉ですが、こちらの宿は全10室のこじんまりした宿です。

玄関を入っても

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで、大声を何回か出して、日帰り入浴をお願いしました。

お風呂は建物の奥にあり、

クリックすると元のサイズで表示します

飲泉もできる自家源泉の宿らしく?、温泉分析書などが沢山貼り紙してあります。

ただ湯量も多いのに

クリックすると元のサイズで表示します

循環併用はやや残念なような気がします。

入ったのは、「ひすいの湯」という浴室です。

クリックすると元のサイズで表示します

蔵というか城というか和風ですが、そんなに風情を感じさせるという雰囲気ではありませんが、こじんまりしているので、雰囲気は悪くはありません。

露天風呂も併設されていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

眺望がない、こじんまりしたお風呂です。

お湯はやわらかいさっぱりした浴感でした。

露天風呂には宿ご自慢の飲泉コーナーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ほんのり塩気があるのみやすい温泉でした。

駅から近く、大型ホテルの中に立つのに、静かで時間が止まったような

クリックすると元のサイズで表示します

個人的には好きなタイプの宿です。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://ryosoufutaba.com/index.html
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH7.9  51.5℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜15:00
【立ち寄り料金】 900円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
1

おとなしくしていました  徒然記

昨夜は都電が走る街、町屋で

クリックすると元のサイズで表示します

2年ぶりくらいに会う友人との酒席でした。

街の雰囲気も含め楽しい時間でした。

今日は、5月以降の温泉旅計画や予習をして今日はゆっくり過ごしました。

今週の平日はカレンダーとおりで、週末から黄金週間となります。
1




AutoPage最新お知らせ