ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
岩槻へ移動  只今、旅行中

かすかべ温泉から無料バスで、

クリックすると元のサイズで表示します

豊春駅に出て、東武野田線に二駅乗って岩槻駅へ着くと、

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に暗くなってしまいました。

人形で有名な岩槻だけあって、人形屋さんが、

クリックすると元のサイズで表示します

至るところにあります。

戦国時代末期から、江戸時代も重要な城であった岩槻城の城下町の風情は感じられましたが、暗くなったので散策中止。

いわつき温泉なる、謎の銭湯を発見も、

クリックすると元のサイズで表示します

本日は入湯せず。

ふらふら歩いていて、見かけた豆腐ラーメンに入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

餃子にビール、

クリックすると元のサイズで表示します

そして、とうふラーメンを食べると、

クリックすると元のサイズで表示します

とても美味しい。

来月から仕事で来ることになる岩槻がたのしみになりました。

0

本日の日帰り温泉  只今、旅行中

春日部駅西口から、バスで20分弱の「湯元 かすかべ温泉」にやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

外観も大きければ、館内も大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

地下1200M掘削ですが、化石海水型の食塩泉ではなく、単純温泉、しかも加温循環とのことなので、正直期待していませんでしたが、薄茶色のモール泉的な柔らかい感触の重曹泉のような浴感で、けっこう満足なのでした。

昭和のヘルスセンターみたいな雰囲気も気に入りました。

ただ、お値段が1750円とやや高めではありますが、来てみないとわからないものだと改めて思うのでした。
0

春日部お散歩  只今、旅行中

2週間に渡る送別会ラッシュでぐったり(自業自得ではありますが)加減ですが、北千住から急行で30分ほどで到着した春日部駅にやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内に春日部名産品展示コーナーがあるので、なんだか旅に出かけた気分です。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ改札を出ると、東京郊外の駅前の雰囲気になりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

駅から歩いてすぐのところに、こんな観光案内所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

春日部ゆかりの「クレヨンしんちゃん」スタンプを押して、

クリックすると元のサイズで表示します

係の人に丁寧に質問に答えていただいて、いただいた地図を持って、

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の日光街道の宿場町であった街中を歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

松尾芭蕉がおくのほそ道の旅の際に宿泊したと

クリックすると元のサイズで表示します

されるお寺や、

クリックすると元のサイズで表示します

本陣周辺にあった道標や、

クリックすると元のサイズで表示します

古い建物が残っていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

ぱっと見は、地味な街並みも

クリックすると元のサイズで表示します

所々見所があるのでした。

昼食は

クリックすると元のサイズで表示します

中華料理屋さんで

クリックすると元のサイズで表示します

春日部ならではとは、言えないのですが美味しくいただきました。

街歩きはこれにて終了にして、温泉に向かいます。

0




AutoPage最新お知らせ