ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
夢十夜  徒然記

という夏目漱石の小説があり、私意外と好きな作品だったりしますが、それとは全く関係ない私が見た夢の話。

五代前の上司と、どこかで酒を飲んでいる夢。

その上司にはお世話になりましたが、今は東海地方にいて、しかも今年退職になるはずの方。

はあて、正夢になるはずはなく、しかも熟睡できずに結構夢を見ることが多いのに、夢の中身を覚えていることはほぼないのに、こんな夢を

妙にリアルに覚えているとは・・

夢に仏様やら神様が出てきて、お告げがあって、そのとおりに掘ったら温泉が出てきたというような開湯伝説をしばしば聞きますが、そういう類いの夢を見たことは多分なく、たまに覚えているのが、なんの役にも立たない?ような夢とは・・

そんなやや寝不足感で会議に出たら、疲れました。
明日もう一本会議に出て、週末は温泉に入って熟睡したいものです。

0




AutoPage最新お知らせ