ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
旅は終了で  只今、旅行中

五井で小湊鉄道の旅は終了です。

いすみ鉄道〜小湊鉄道の房総半島横断は調べてみたら、約6年ぶりでしたが、なんとも楽しかったです。

五井から内房線に乗りましたが、両親の家に顔出しで途中下車。
クリックすると元のサイズで表示します

五井駅の小湊鉄道とJRの連絡通路で販売の駅弁を買っておいて、親と一緒に食べました。

あさりご飯弁当、500円。

クリックすると元のサイズで表示します

量、味ともコスパは絶対いいお弁当です。

最後は快速のグリーン車。

クリックすると元のサイズで表示します

車内だけだと、宇都宮線なのか、東海道線なのか、総武線なのか、さっぱりわかりませんが総武線の快速です。

過去の自分のブログを見ると4年前から、今回の行程での旅をしたいと書いていました。

4年ごしは大袈裟ですが、行ってみて良かったです。
0

今日も、こ鉄  只今、旅行中

昨日は歩きましたが、今日は「養老館」跡の前にあるバス停「ホテル養老館前」からバスで、養老渓谷駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこからは小湊鉄道のローカル線旅なのですが、上総中野駅に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

養老渓谷駅での待ち時間がありすぎるので、そうしたのですが、昨日は二つの鉄道の車両が同時にいませんでしたが、今日はいます。

クリックすると元のサイズで表示します

いすみ鉄道は国鉄型キハのはずが、二月末まで点検で新しい車両での運転でした。

今日はいすみ鉄道には乗らず、小湊鉄道を引き返し、のどかな風景を、

クリックすると元のサイズで表示します

ぼんやり見ながら1時間10分ほど、五井までローカル線の旅です。
0

宿を出発  只今、旅行中

ちょっと淋しい温泉街から、細道に入り、トンネルを抜けると、
クリックすると元のサイズで表示します

川沿いに建つ一軒宿の「川の家」が、

クリックすると元のサイズで表示します

今回の宿でした。

玄関にいる宿のわんこはご高齢なのか、愛想は全くありませんが、従業員のおばちゃん達はみなさん、感じのいい人ばかりでした。

クリックすると元のサイズで表示します

食事も、そして肝心の温泉、静かな環境と、木曜日に急に思い立って予約したのですが、正解の宿でした。

それでは出発します。
0

朝食  只今、旅行中

昨夜の夕食は、このように、

クリックすると元のサイズで表示します

それなりの品数で、宿自慢のイノブタ鍋や、

クリックすると元のサイズで表示します

鰻の蒲焼きが、

クリックすると元のサイズで表示します

出て、沢山おいしくいただきました。

でもって、朝食はというと、

クリックすると元のサイズで表示します

私的には大満足でした。
0

朝風呂  只今、旅行中

宿のお風呂はチェックインから23時までが、昨日の記事にある、川が見えるお風呂が男性用。

23時から6時は入浴できずで、男女が入れ替わり、6時からはこちらの、

クリックすると元のサイズで表示します

洞窟風呂が男湯となります。

どちらのお風呂もこじんまりしていますが、まさに身の丈にあった状態といえそうです。

と言うのは、ざっとした目安ですが、毎分の湧出量1リットルあたり1人がいい状態で温泉に入れる量と換算できます。

この宿でいうと毎分18リットルの湧出量なので、1日18人がいい状態で温泉に入れる目安となり、全7室(20人ほどの宿泊客数)という収容と、浴槽の大きさも温泉をいい状態で入れると言えるので、身の丈にあったというように思ったわけです。

朝風呂から部屋に戻ると明るくなってきていました。
昨夜から雨が降っていますが、窓からの眺めも、

クリックすると元のサイズで表示します

心を癒してくれます。
0




AutoPage最新お知らせ