ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
鹿児島の立ち寄り湯 その4  只今、旅行中

鰻温泉に、征韓論にやぶれて鹿児島に戻った西郷隆盛が、湯治?滞在したそうです。

ですので共同浴場の壁には、

クリックすると元のサイズで表示します

西郷どんのゆかりの湯、とあるわけです。

脱衣場にも

クリックすると元のサイズで表示します

西郷隆盛の写真があり、

クリックすると元のサイズで表示します

硫黄臭がありながら、やさしい感触のお湯にプラス歴史ロマンも体感できる、素晴らしい共同浴場なのでした。
0

6泊目の宿  只今、旅行中

鰻池のそば、

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちで湯けむりが上がる

クリックすると元のサイズで表示します

鰻温泉の民宿に宿泊します。

クリックすると元のサイズで表示します

台風のニュースが気になりますね。
0

鹿児島の立ち寄り湯 その3  只今、旅行中

砂楽の近くにある共同浴場「元湯」へ。

外観よりも、

クリックすると元のサイズで表示します

浴室の雰囲気にちょっと感動。

クリックすると元のサイズで表示します

行った時間が、ちょうど地元のじいさんたちの社交場といった状態だったのも、何だか良かった。
0

鹿児島の立ち寄り湯 その2  只今、旅行中

指宿からは湯巡りモードに戻り、まずは有名な砂むし会館「砂楽」へ。

ご立派な公営の施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

観光スポットとしても有名ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

わずか10分くらいしか砂に埋まっていないのに、大汗。

風呂上がりは温泉でスッキリと、

クリックすると元のサイズで表示します

入浴料920円はやや無駄に思える建設費かと少し悪印象がありましたが、出たときは納得という感じになっていました。
0

今日もまたこ鉄 その2  只今、旅行中

指宿枕崎線の後半部分は、普段着の各駅停車です。

日本最南端、開聞岳が見える西大山を過ぎ、

クリックすると元のサイズで表示します

やや霞んでいますが、鋭角な三角形の開聞岳を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

のんびりしたローカル線の雰囲気をたっぷり味わって、日本最南端の終着駅の枕崎駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の九州旅の鉄道パートは、これにて終了です。

これからは湯巡りに専念?します。
0




AutoPage最新お知らせ