ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
宿に到着  只今、旅行中

タクシーで宿に着いたのは14:40。

15:00チェックインのである宿の主人は厳格ですので、ロビーできっちり15:00まで待つことになります。

四年ぶり三度目の宿泊ですが、そういう接客の印象は全く変わらずです。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は5年前に初めて宿泊したときと同じ部屋でした。

下諏訪からクルマで10分ほどなのに、

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり山中の宿の雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉はやはり素晴らしい。
その印象は間違っていませんでした。

温泉以外は、この四年の間に色々なところに泊まったからなのでしょうが、結構???が多いような気がします。
0

昼食  只今、旅行中

お腹も減り、湯上がりビールも飲みたくなったので、お蕎麦屋さんへ。

でもこんな中庭を抜けて、

クリックすると元のサイズで表示します

蔵造りの店内で、こんな昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとこじゃれた私風ではない昼飯でした。

雨風がとてもひどくなったので、店でタクシーを呼んでもらい直接宿に向かいます。
0

本日の立ち寄り湯  只今、旅行中

下諏訪駅の観光案内所で二ヶ所の宿のお風呂に入れる1000円の「ゆうゆう券」を購入。

雨が降り始めた下諏訪の温泉街を歩いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄鉱泉本館にいくと、お湯がたまっていないのでダメ、

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ横の「古久屋旅館」はOKなのですが、券はうちはやっていないとのことで、現金500円を支払います。

クリックすると元のサイズで表示します

そして通されたのは女湯。

男湯は広くて湯加減するのに時間がかかるからとのことだそうですが?

?だらけですが、旦過の湯をかけながしのお湯は素晴らしいです。

並びの旦過の湯共同浴場は混んでいる感じだったので、このお湯を一人静かに味わえるのはありがたいことです。
0

下諏訪駅に到着  只今、旅行中

塩嶺トンネルを抜けるルートの各駅停車は辰野経由より正味20分短く岡谷に着き、そのままもう一駅乗り下諏訪駅で下車します。

昨日は上諏訪駅に降りて立ち寄り湯でしたが、今日は下諏訪駅周辺で立ち寄り湯します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

観光は駅にある展示物で代用?

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

塩尻駅でも  只今、旅行中

辰野駅で1時間の待ち時間がありましたが、塩尻駅でも50分の待ち時間。

駅名板の写真のとおり

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎からも、塩尻はワインの産地。

クリックすると元のサイズで表示します

試飲や見学ができるワイン工場もあるようですが、今回はパス。

温泉はないし、そうなると全く時間をもて余してしまうのでした。

つばめの巣を見つけたくらいで、

クリックすると元のサイズで表示します

ホームに戻り、甲府行きの各駅停車に乗りこみます。

雨にほとんど降られず、気温も低めなのですが、台風接近の影響なのか湿度が高いです。

そろそろ温泉に入ることにします。
0




AutoPage最新お知らせ