ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
塩尻駅でも  只今、旅行中

辰野駅で1時間の待ち時間がありましたが、塩尻駅でも50分の待ち時間。

駅名板の写真のとおり

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎からも、塩尻はワインの産地。

クリックすると元のサイズで表示します

試飲や見学ができるワイン工場もあるようですが、今回はパス。

温泉はないし、そうなると全く時間をもて余してしまうのでした。

つばめの巣を見つけたくらいで、

クリックすると元のサイズで表示します

ホームに戻り、甲府行きの各駅停車に乗りこみます。

雨にほとんど降られず、気温も低めなのですが、台風接近の影響なのか湿度が高いです。

そろそろ温泉に入ることにします。
0

少しだけ、こ鉄  只今、旅行中

次の温泉へ向かう時間潰しも兼ねて、少しだけ寄り道してのプチ鉄道旅です。

台風接近の影響による大雨の影響で遅れが出ている中央線の松本行き各駅停車で岡谷へ。
そこから飯田線の本来は豊橋行きなのに今日は天竜峡行きとなった各駅停車に乗り換えます。

岡谷ー塩尻は現在こそ塩尻峠を塩嶺トンネルで抜けていますが、それ以前長らくは峠を迂回するルートが本線でした。

元本線、現在はローカル線のようになっている岡谷ー辰野ー塩尻の区間に乗ってみます。

岡谷ー辰野間は飯田線の列車が乗り入れてくるので1時間に1本ほどの間隔で運転されていますが、山間を走るローカル線の風情の車窓を見ている内に辰野駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

由緒あり、往年は賑わいがあったようですが、現在は

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎こそ立派ですが、お店は軒並み閉まり静かな町です。

天竜川までお散歩して、

クリックすると元のサイズで表示します

一時間の乗り継ぎ時間を潰してから、塩尻行きに乗り込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

辰野ー塩尻間は本数が更に少なくなり、8:55の次が11:00の電車なのでした。

辰野の町並みが終わると再び山間の中を走っていくのでした。
0

4回目の渋御殿湯でした  只今、旅行中

今回含め夏の暑い時期に来ています。

ただ今回は上諏訪駅、茅野駅あたりで気温が22、3℃でしたので、標高1800メートルの山中なので、涼しすぎました。

クリックすると元のサイズで表示します

夜寝るときは毛布が必需品でしたしね。

接客は別によくないし、食事も夕食がこんな感じ、

クリックすると元のサイズで表示します

朝食はもっと質素と

クリックすると元のサイズで表示します

いう感じですし、トイレはぽっとんトイレだし、でも館内、お部屋の清潔感は全く問題なく、そして宿泊しないと入れないこのお風呂にたっぷり入浴できるので、

クリックすると元のサイズで表示します

今回も大満足なのでした。

バスで茅野駅まで戻りました。

台風接近の影響で今日は雨ですが、次の温泉に向かいます。
0

満喫中  只今、旅行中

かろうじて電波がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の名前にもなっている26℃の渋御殿湯と、

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊者専用の男湯にしかない31℃の渋長寿湯に、

クリックすると元のサイズで表示します

がっちり漬かっています。

何度入っても素晴らしい温泉です。
1

これから電波不通の予定  只今、旅行中

茅野駅に一駅戻り、バスに乗って宿に向かいます。

今回で4回目の宿泊ですが、過去三回は携帯の電波が不通でした。

本日の更新はおしまいの予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、このバス

クリックすると元のサイズで表示します

1日3便しかなく、乗る便が今日の最終便なのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

空いています。
0




AutoPage最新お知らせ