ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
下部温泉 元湯大黒屋旅館  山梨県の温泉

2014年4月に1泊しました。

下部温泉街の奥に立つ旅館です。

クリックすると元のサイズで表示します

道路を跨いで空中に渡り廊下がかかっていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

基本的には左側の建物だけ使用しているようです。

玄関を入るとこじんまりした帳場、

クリックすると元のサイズで表示します

その向かいに下部川に面したロビーがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

宿の方に案内されて歩く廊下も、

クリックすると元のサイズで表示します

通されたお部屋も年季を感じさせますが、

クリックすると元のサイズで表示します

きちんときれいに手入れがされています。

窓のすぐしたを下部川が流れ、

クリックすると元のサイズで表示します

宿の雰囲気には満足です。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋には手作り感あふれるお風呂の案内があったり、逆に温泉水がこんな感じで置いてあったり、

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、こういう感じが好きです。

さて、お風呂は1階にふたつの浴室が隣り合ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

青い暖簾が岩風呂、赤い暖簾がひのき風呂です。

岩風呂は昼間から翌朝まで男風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな浴槽は中温泉が使用されています。

クリックすると元のサイズで表示します

小さ目の浴槽は高温泉が使用されています。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一つのひのき風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

並んだふたつの浴槽は、右が中温泉、左が高温泉の源泉がどちらもかけ流しされています。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらの浴室も、昔ながらのぬるい源泉と平成になって掘削した新しい熱めの温泉の両方に入浴できます。

岩風呂の方がぬる湯に大きな浴槽で漬かれるので、本来の下部温泉スタイルなのでしょうが、私的にはひのき風呂の雰囲気が圧倒的に好きです。

一泊だと男性はひのき風呂に朝しか入れないので、そこだけが個人的には残念でしょうか。

食事は食事処でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食のお膳はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

鍋の中は豚焼肉。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食です。

クリックすると元のサイズで表示します

派手さはありませんが、どれも美味しかったです。

また、泊まりに行きたい宿です。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.daikokuya0031.jp/
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 中温泉/源泉32度・PH8.2 高温泉/源泉51度・PH9.3 
【立ち寄り営業時間】 10:00〜16:00 
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1




AutoPage最新お知らせ