ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
山口県持世寺温泉 杉野湯  中国・四国地方の温泉

2013年9月に立ち寄り湯しました。

持世寺温泉は、開湯は戦国時代の頃と伝えられるが、現在の源泉は戦後になってボーリングを試み湧出している温泉だそうです。

宿泊施設もある「上の湯」の方が

クリックすると元のサイズで表示します

有名なようですが、私たち夫婦が行ったのは

クリックすると元のサイズで表示します

入口からして温泉があるとは気づきにくいような「杉の湯」に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

車を駐車場に入れようとすると

クリックすると元のサイズで表示します

可愛い猫が迎えてくれました。

かつて旅館であったそうですが、今は公衆浴場であることですら感じさせないような外観です。

猫とは違って愛想が全くないおばさんに入浴料金を支払い、中に入ると

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に昭和にタイムスリップ。

浴室もきわめて簡素で

クリックすると元のサイズで表示します

2つの浴槽があるだけでです。

加温浴槽と

クリックすると元のサイズで表示します

26度の源泉そのまま非加熱浴槽が

クリックすると元のサイズで表示します

ありますが、もっぱら漬かっていたのは非加熱浴槽。

浴感には全く特徴がありませんが、まだ残暑厳しい折でもあり気持ちのいいお湯でした。

平日の昼下がりでしたが、常連とおぼしき方が4人ほど世間話をしながら入浴していました。
ジモ専門的な雰囲気が濃厚な公衆浴場でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 単純弱放射能温泉    
【PH・泉温】 PH7.8 26.4℃
【立ち寄り営業時間】 7:30〜19:30
【立ち寄り料金】 490円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】


0




AutoPage最新お知らせ