ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
山口県長門湯本温泉 共同浴場「恩湯」 「礼湯」  中国・四国地方の温泉

2013年9月に立ち寄り湯しました。

JR美祢線長門湯本駅から

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

温泉街へは徒歩5分ですが、本数は1〜2時間に1本で各駅停車しかなく、駅舎は大きいのですが無人化され、ホームも2面あったのに片面はレールがはがされ駅はややさびしい風情です。

温泉街の中心を音信(おとずれ)川が流れています。

クリックすると元のサイズで表示します

昼もいいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

夜もいい雰囲気の温泉街です。

1427年住吉大明神のご神託によって大寧寺の住職が発見したとされる長門湯本温泉は、江戸時代には長州藩主も湯治に訪れるようになるほどの山口県を代表する温泉地となりました。

10数軒の宿が川沿いだけではなく、大型旅館は国道沿いにまで建っていますが、静かな温泉街の中に2軒の共同浴場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも江戸時代から続く歴史を持つようです。


「恩湯(おんとう)」 

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街の中心、音信川に面して建つ堂々たる寺造りの共同浴場です。

恩湯の前、川沿いには

クリックすると元のサイズで表示します

公衆洗濯場がありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

現在は整備された史跡のような扱いです。

外観は立派な造りですが、玄関を入ると

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに受け付けがあり、左右に男女別の浴室がある簡素な造りです。

脱衣所も簡素でややくたびれた感じで、サッシの向こう側に

クリックすると元のサイズで表示します

浴室があります。

黒い石造りの浴槽が2つ並ぶやや深めのお風呂とカランがあるだけのお風呂です。

恩湯泉という他では使用されていない源泉が使用され、ほのかな硫黄臭と柔らかなお湯の感触が素晴らしい温泉です。

長門湯本温泉の「原田屋旅館」に宿泊したので、着いた日の昼間と翌朝の2回入浴してしまいましたが、どちらも沢山の方が入浴されていました。

雰囲気、お湯ととても気に入った共同浴場でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://yumotoonsen.com/about/public_bath/
【泉質】 アルカリ性単純温泉   
【PH・泉温】 PH9.62 39.5℃
【立ち寄り営業時間】 6:00〜23:00
【立ち寄り料金】 200円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆☆
【備考】


「礼湯(れいとう)」 

恩湯の脇を少し入って行った

クリックすると元のサイズで表示します

ひっそりとした場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代は恩湯は庶民向けであったのに対して、礼湯は大寧寺の僧侶専用の浴場だったそうです。

外観も寺湯だったことを踏まえて設計されたのでしょう。

2002年に建て替えられたので新しい建物で

クリックすると元のサイズで表示します

バリアフリー対応となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

外観だけではなく、館内も脱衣所も

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も

クリックすると元のサイズで表示します

新しくきれいです。

浴室の風情は恩湯には及びませんが、おそらく恩湯より空いていることが多そうですし、礼湯泉がかけ流しされているきれいな浴室での入浴は気持ちのいいものでした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://yumotoonsen.com/about/public_bath/
【泉質】 アルカリ性単純温泉   
【PH・泉温】 PH9.62 39.5℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜21:00
【立ち寄り料金】 200円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

クリックすると元のサイズで表示します

0

山口県長門湯本温泉 原田屋旅館  中国・四国地方の温泉

2013年9月に宿泊しました。

10数軒の宿がある長門湯本温泉。大きなホテルタイプの宿が多い中、温泉街を流れる音信川沿いに建つ

クリックすると元のサイズで表示します

創業100年以上の歴史がある宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

選んだのは全12室と部屋数が少なめであるのと、長門湯本温泉の宿ではこれまた少ない源泉かけ流しのお風呂があり、お値段手頃ということが理由でした。

館内は古びていますし、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お部屋も

クリックすると元のサイズで表示します

昔ながらの和室といった風情ですが、掃除はきちんとされています。

お風呂は2階に男女別にあり、女湯は

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと小さめですが、男湯は

クリックすると元のサイズで表示します

広い浴室の真ん中に楕円形の湯船があります。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も古びているわけですが、やわらかい長門湯本温泉のお湯をじっくり堪能できます。

宿泊した時は私たち夫婦しかいなかったので、男湯を夫婦貸切で利用させてもらったので、お風呂については最高でした。

女将さん手作りの食事はお部屋でいただきました。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食

クリックすると元のサイズで表示します

女将さんが宿に嫁いできてから勉強した料理だそうですが、とてもおいしくいただけました。

私達だけの宿泊で貸切状態だったこともありますが、お風呂、料理、女将さんの人柄ととてもいい宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.haradaya.com/index.html
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 PH9.67 39.0℃
【立ち寄り営業時間】【立ち寄り料金】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】

0

22万アクセス突破  徒然記

昨日あった唯一のいい出来事?でした。

今朝、北千住からJR常磐線快速に乗ろうとするとダイヤ乱れ。

ついていないなあと思いましたが、日比谷線で上野駅に出たのですが、いつもとほんの少しの違いでも案外気分転換となるのでした。

今週は朝の駄文シリーズでした。
0

本日も快晴  徒然記

ですが、今朝もぼやきながらですかね。

昨夜の飲み会は案の定仕事が押して参加できず、ついでに土日の温泉計画もありましたが延期。

どちらも普通なら他の人が来なくても喜びいさんで参加する私が欠席ですから、まあイレギュラーなことです。

今朝も晴れています。

クリックすると元のサイズで表示します

二週間前の北陸温泉旅が雨模様だったことを思うと、それすらも腹ただしい気分です。

とりあえず今日明日と振り回されてみることにします。
0

朝からサッカー観戦  徒然記

自分の生活は不快な忙しさなどでパッとしませんが、今年6月以降パッとしていなかったサッカー日本代表は、日曜日のオランダ戦、そして今朝のベルギー戦と内容、結果も良かったですね。

とはいえ、今朝は6時にいつもと同じ時間に起きるのがやっとでしたが。

クリックすると元のサイズで表示します

今週は毎朝雲ひとつない快晴の日が続いています。

サッカー観戦のあとは青い空を見ながらの露天風呂に行きたいものですが、現実は通勤電車の中でこの駄文を書いています。

今夜は懐かしいメンバーとの飲み会予定ですが、果たして行けるのでしょうか?
0




AutoPage最新お知らせ