ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
静岡県湯ヶ島温泉 湯本館  静岡県の温泉

2013年7月に一泊しました。

1時間に1本間隔くらいで、修善寺駅と河津駅を天城峠越えで結ぶ東海バスの湯ヶ島温泉口バス停から徒歩10分ほど、1日9本だけ運転の修善寺駅から温泉街に入るバスがある

クリックすると元のサイズで表示します

西平橋バス停からは徒歩1分ほどの場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

日本秘湯を守る会会員宿にして、川端康成氏の名作「伊豆の踊子」の舞台であり

クリックすると元のサイズで表示します

作品が執筆された宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると、壁に過去映画化された写真が貼られ、

クリックすると元のサイズで表示します

玄関入ってすぐの階段が

クリックすると元のサイズで表示します

玄関で踊る踊り子たちを階段の上から小説の主人公(つまりは川端康成)が見下ろしていた

クリックすると元のサイズで表示します

階段です。

階段をあがってすぐの場所には、

クリックすると元のサイズで表示します

と表札のあるお部屋が

クリックすると元のサイズで表示します

資料室的に開放されていますし、その向かいにも

クリックすると元のサイズで表示します

宿ゆかりの文人たちの資料が掲示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

私が敬愛する若山牧水も宿泊したようで、宿泊した「やまざくら」という部屋は

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊もできるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな文人ゆかりの宿で私たちが宿泊したのは、「るり」というお部屋。

広縁からすぐそばを流れる川を見下ろせる入口入ってすぐに小部屋がある

クリックすると元のサイズで表示します

ゆったりした和室の

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋です。

この部屋には源泉かけ流しのお風呂がついているのが目玉です。

クリックすると元のサイズで表示します

檜の浴槽の三方が窓で、半露天風呂といってもいい造りです。

シャワーもついたこのお風呂だけでも十分なくらいのお風呂です。

といえ、館内のお風呂にも入りました。

大浴場は男女別で、男湯は

クリックすると元のサイズで表示します

窓が大きく取られている広々した造りですが、女湯は

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんの話ではごくごく小さい浴室とのことでした。

また、空いていれば自由に貸切利用できる家族風呂は

クリックすると元のサイズで表示します

見ただけでしたが、とてもこじんまりしたものでした。

この宿のお風呂で有名なのは内湯ではなく、露天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

1階のロビーの奥からスリッパを置いて、サンダルに履き替えて

クリックすると元のサイズで表示します

川の方に降りていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所が現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして現われるのが、岩組みの湯船があるだけの露天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

川のすぐそばにある

クリックすると元のサイズで表示します

野趣あふれる

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしいロケーションです。

ただ川に近すぎて、渓流釣りのおじさんの顔がはっきり見えるくらいだったりするので、時期時間帯によっては女性には落ち着かない状況があるかもしれません。

お湯はやや熱め、浴感はやわらかく、湯上りはさっぱりした感触になる無色無臭ではありますが、温泉に入った感触がはっきりするいいお湯でした。

食事はお部屋でいただきました。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食

クリックすると元のサイズで表示します

さすが老舗宿らしい目でも楽しめる料理でした。

歴史を大切にしながら、気さくな接客で、温泉にも満足できるすばらしい宿でした。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.yumotokan-izu.jp/
【泉質】 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉    
【PH・泉温】 PH? 46℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜14:30 
【立ち寄り料金】 800円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

静岡県湯ヶ島温泉 共同浴場河鹿の湯  静岡県の温泉

2013年7月に立ち寄り湯しました。

修善寺駅と河津駅を天城峠越えで結ぶ東海バスの湯ヶ島温泉入口バス停から

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩10分ほどの川端康成ゆかりの旅館「湯本館」の並びにある

クリックすると元のサイズで表示します

共同浴場です。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると左手に番台があり、その前の自販機で購入した入浴券を渡して、男女別になっている入口から脱衣所に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所とガラス扉1枚隔てた浴室は中央に楕円形の浴槽があるだけのシンプルな造りです。

その浴槽に熱めの源泉がかけ流されています。

熱いのですが、やわらかい浴感で、出た後は汗が中々ひきませんがさっぱりした感じになる、これまた特徴が際立つものではありませんが、いい温泉でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉 
【PH・泉温】 PH不明 46.8℃
【立ち寄り営業時間】 13:00〜22:30
【立ち寄り料金】 250円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ