ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
でぶしょう  徒然記

6月のたくさんあった飲み会影響で下腹がかなりのでっぱり具合になってきました。

体重は64キロでここ1年くらい変わっていないので、内臓脂肪だけが増加しているものと推定され、デブ症状が発生中です。

6月の休日は、これまたかなりの出不精。

7月からは心を入れ替えて出かけるぞと思っていたのですが、朝6時に目覚めるも寝てしまい8時半に起きるも、ネットを見てどこに行こうか思案しながら昼ご飯を食べたら、昼寝をたっぷりとることになり起きたら18:30。

心を入れ替えたはずなのにこの様では心苦しいので?ひとっ風呂浴びに行ってみました。

先週は自宅から歩いて15分の「大谷田温泉・明神の湯」に行きましたが、今日は更に近い徒歩5分の「第一日立湯」です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉ではありませんが、昭和のままの雰囲気が残りながら清潔感はきちんとある銭湯です。

浴室に入ると、ちょうど誰もいない状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ですのでゆっくり体を洗い、

クリックすると元のサイズで表示します

本日の薬湯もゆっくり一人占めで入浴。

温泉ではなくても自宅風呂では味わえない気持ちよさです。

クリックすると元のサイズで表示します

一番最初に来たときは謎の黒湯でしたが、本日は芒硝、重曹成分の入った「アミノチャージ」風呂。

最近、塩素かけ流し風呂に入ると体中がゆくなるという症状が出ています。
本日も銭湯ですから塩素臭がきちんとしましたが、投入量が適量だったのでしょうか、かゆくなる症状は出ませんでした。

塩素臭がすると、頭で勝手にかゆくする指令が出るようになっているのかなあと思っていましたが、そんなことはなく純粋に過度の塩素量に体が普通に反応していることが確認できました。

まあ当面は体がかゆくなれば、塩素かけ流しもしくは強塩素泉という物差しは間違っていないようです。
0




AutoPage最新お知らせ