ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
でも  徒然記

夜はお客様との宴席。

恐ろしいのは酔うとめまいがなくなるという事実。

ある意味、完全に身体が変調をきたしているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

めまい  徒然記

朝起きる時に、ぐるぐる回る感じ。

痛みは全くないのですが、くらくらフワァという感じのめまいに何回か襲われる始末。

上司の許可を受け、職場近くの病院へ。

二時間いましたが、心電図でも異常はわからず。

やれやれ。
0

沖縄県石垣島 ソルトスパ美塩(びあん)  (番外編)温泉ではない温浴施設

2012年12月に立ち寄り湯しました。

塩メーカーの株式会社石垣の塩のスパ事業部が運営している自然海塩を用いた療法を提供するスパです。

フェイシャルトリートメント・リフレクソロジー・アロマトリートメント・ボディパック・フーレテラピーなど多様なスパメニューがある中に、海水を濃縮した高濃度ミネラル液を使用した世界初と謳う「ミネラルテラピー」があります。

石垣の塩を生産する工房の隣にスパの建物が立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

門をくぐり左手の建物で

クリックすると元のサイズで表示します

受付をします。
写真を撮り忘れましたが、中はスパならではの上品で落ち着いた空間になっています。

ミネラルテラピーの料金は2時間3000円とかなりの高額です。

係員に案内されたのは

クリックすると元のサイズで表示します

2階建ての一軒家のような建物です。

玄関を入り、

クリックすると元のサイズで表示します

左手奥に進みます。

脱衣所があり、そこで水着に着替えます。
建物貸切状態なのに水着着用も変だなと思いましたが、水着をつけてまずシャワーで体を流してから、隣のサウナの前を過ぎ、いったん外に出て

クリックすると元のサイズで表示します

スパ棟に入ります。

中には3つの浴槽が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

左手前が海水と同程度、中央が海水の10倍濃度、右奥が海水2倍濃度の塩分があるお湯となっています。

どの浴槽も40℃あるかないかくらいのぬるい温度です。

まず海水同程度に入るとぬるいと思うだけで浴感がありません。

続いて海水2倍に入ると、体があちこちしみる感じになり、ぬるい温度でないと入っていられないという感じになります。

最後に海水10倍に入ると、しみることもさることながら、死海で何もしなくて浮いている絵を見たことがありましたが、全くその状態で面白いようにぷかぷか浮いていられます。

温泉ではまず味わえない感触で、面白く感じました。

さすが塩会社のスパなのでした。

2階には休息スペースもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

石垣島には温泉がないところか、このような入浴施設もほとんどないのでそういった意味では私のような湯船に漬かりたいとすぐ思う人間にはありがたい施設でした。

●施設のデータ

【施設のHP】  http://www.saltspabian.jp/   
【立ち寄り営業時間】 10:00〜23:00
【立ち寄り料金】 2時間 3000円(ミネラルテラピーのみの場合)
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

本日ネタ無しです  徒然記

これから飲み会。

ああ、早く温泉に行きたいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

今週も始まりました  徒然記

有馬温泉に行くのがメインの目的だったはずの神戸への旅でも、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

法事がメインのはずの昨日も中華街に行ってしまいました。

横浜の中華街は近い場所にあるわけですが、本当に久々でしたが神戸の中華街と比較すると大きな街なのだなあと改めて実感した次第でした。

今夜は田端の会社にお邪魔して商談後に懇親会、明日は前の事務所の方々との飲み会となっています。
0




AutoPage最新お知らせ