ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
台湾 行儀路温泉 川湯  海外の温泉

2012年9月に立ち寄り湯しました。

台湾の政治経済の中心地台北の市内に、新北投温泉、陽明山温泉という台湾四大温泉に挙げられる温泉地ほど有名ではないようですが、行儀路温泉があります。

行儀路という通り沿いに温泉施設が並んでいるらしいのですが、宿も共同浴場もない『温泉レストラン』という業態の施設しかないという温泉街です。

『温泉レストラン』という業態が今一つぴんとこないし、ほとんどの施設が24時間営業!という、いったいどんなところかよくわからないまま行ってみました。

私たちは士林夜市に立ち寄った後、剣潭駅からタクシーに乗っていきました。

天母という高級住宅街を抜け、山道を登って行きます。
街灯もそれほどない薄暗い山の中に、突然派手なネオンがいくつも現れます。
たとえは良くないのですが、国道の峠越えの手前になぜか密集しているラブホテルがいくつもあるかのような雰囲気です。

行儀路から脇道に逸れて、

クリックすると元のサイズで表示します

タクシー代金は1000円しない金額で、薄暗い施設の駐車場で降ろされました。

そこからは、施設のカートで

クリックすると元のサイズで表示します

歩いてもすぐのごく短い距離ですが、施設の入口まで運んでもらいます。

川を渡ると、

クリックすると元のサイズで表示します

『温泉養生料理』と書かれた看板が現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

この看板の横から、日本の温泉街風な建物が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

料金の仕組みがどうなっているかわからなかったのですが、入浴だけと伝えると通じて200元(約600円)を支払います。

温泉街風な道を歩いていくと

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

和風な建物のレストランが並び、中にはこのような

クリックすると元のサイズで表示します

寿司屋のカウンターみたいな店や、

クリックすると元のサイズで表示します

カウンターバーのような店がある、何種類かのレストランがあり、自分の好みの場所で食事もできるということのようです。

私たちは夕食もがっちり食べ満腹だったので、レストランには入らず温泉にまっしぐらに向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

レストランが並ぶ一番奥にあります。

屋外の番台で入口で購入した入浴券を渡して脱衣所に入ります。

コインロッカーが並ぶ脱衣所を出ると、木の塀に囲まれた露天風呂がすぐ目に飛び込んできます。

新北投温泉と同じような青白い硫黄泉ですが、それほど刺激がないマイルドな感触の温泉です。

そして驚いたのは、夜22:00頃に行ったのですが、20人以上の人がにぎやかに入浴しています。
その人たちがタオルも何も持たない一糸まとわない?姿で歩き回ったり、そこらで座っていたりするので、日本とは違う韓国に似た入浴光景です。

ですので、風呂の写真は撮れませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の演歌が流れるカウンターバーで湯上りにビールを飲んで、

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに帰りました。

ちょっと不思議な雰囲気が印象に残った温泉でした。
1




AutoPage最新お知らせ