ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
高速バスで出発  只今、旅行中

日曜日深夜作業から昼は連日会議(以前書いたプロジェクトばやりの上、なぜか軒並みメンバーにされてしまったから)なので自分のペースが乱れて精神的になんとなく疲れ気味、そして毎晩飲み会で肉体的にもぼろぼろと、大変疲れた状態なので、本日から二泊三日だけではありますがプチ湯治生活に入ります。

今回は高速バスで温泉に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

池袋7:40発の千曲バス別所温泉行きです。

下落合、練馬、川越的場で乗客を乗せていきますが、36席の三分の一程度が埋まったくらいのまあ空いている状態です。

関越道も空いているので順調に走り、上里SAで15分休憩し、富岡、下仁田、松井田と群馬県内の3つの停留所は下仁田で1人降りただけであとは通過し、10時過ぎには長野県に入りました。

昨年ゴールデンウイークに乗った時には、大渋滞で上田に着いた時はうんざり状態でしたが、今日はいたって快適です。

新幹線の二倍の所要時間がかかりますが、運賃半額な訳ですから悪くない移動手段です。

お天気も良く、精神的には早くもリフレッシュされつつあります。

0

まもなく  徒然記

火曜日、水曜日とブログは全く書けませんでした。

昼間は会議だらけ、夜は今日も含めて飲み会まみれ。

こんなひどい生活も今日ガマンすれば、明日から湯治。

夜明けは近い。

クリックすると元のサイズで表示します
0

雑記  徒然記

徹夜作業を終えて朝帰宅すると13時半頃まで爆睡。

昨日朝風呂、夜風呂と温泉に入ったので今日は昼風呂?温泉に行こうかなあと思いましたが、昼食を食べるとまたしても睡魔に襲われ、19時頃まで寝てしまい本日は終了という感じになってしまいました。

年内に行こうと思っている伊豆、茨城の温泉、来年年明けに行きたいと思っている熊本or鹿児島のリサーチをしながら平日を過ごして、週末は行きつけの宿でプチ湯治というのが今週のスケジュールとなりそうです。

海外の温泉は2010年台湾5か所、2011年は台湾9か所、2012年は韓国5か所、台湾5か所と海外は悪いペースではないのですが、国内は2010年137か所、2011年は179か所に入浴箇所に対し、今年は今のところ88か所入浴とペースがゆっくりです。

クリックすると元のサイズで表示します

年内あと何か所入浴できるかな?
0

夜風呂  只今、旅行中

夜のお仕事で会社に行く前に寄り道。

「戸越銀座温泉」という温泉銭湯で立ち寄り湯です。

昨年からの都内温泉銭湯巡りは、昨年1月に「桜館」とここ「戸越銀座温泉」に入浴してから始まったという感じです。

施設が銭湯とは思えないレベルであったことは覚えていますが、肝心な温泉の記憶はそれほどありません。

会社帰りにも寄れる場所ですが、中々そんな気分にならず今日のような中途半端な時間仕事を契機に再訪してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

20時過ぎに入りましたが、脱衣所の39個あ鍵付きロッカーが空き無し!

しかし浴室に入ると、カランも使えるし、黒湯温泉浴槽には全然ゆったり漬かれるので問題なしです。

露天の木の浴槽は小振りなこともあり、空席待ち状態でしたが、温泉ではないので一瞥しただけでした。

ぬるとろの柔らかい温泉であることを確認して、いよいよ仕事です。
0

朝風呂  只今、旅行中

昨日はほぼ1日家で寝転がっていたので、今朝は四時半に目が覚めてしまいました。

歳を取ると哀しいかな、寝溜めができなくなります。

今日の夜から明日早朝まで深夜作業の仕事が入っているので、本格的な日帰り旅には行けませんが、昨日一日中家に籠もっていたことでもあり朝風呂に入りに行くことにしました。

まだ真っ暗な亀有駅から5時19分発の電車に乗り、北千住で東武線の区間急行太田行きに乗り換え、越谷あたりから雲一つない空を太陽がどんどん上がってくるのを見ながら久喜まで乗り、最後JRに一駅乗り6時25分に東鷲宮駅に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

一時間かけてやってきたのは、「百観音温泉」です。

クリックすると元のサイズで表示します

地下深く掘削した化石海水型の温泉がある日帰り施設ですが、東京近辺に沢山ある他の日帰り温泉施設と違うのは、

@高濃度のメタンガスが含まれているので、地下深く掘削しているものの自噴している。

Aしかも湧出量が毎分1000リットル!泉温も57℃と高め。

Bという豊富な湯量と温度が高めなので、内風呂、露天風呂と浴槽がいくつもあるが完全かけ流し。
そのお湯使いも、日本天然温泉審査機構がすべての項目で優良と認定

C日帰り施設としては珍しい、8時という早い営業開始時間で、更に土日は早朝6時半からの営業開始。

ということで年に1、2回朝風呂に入りに来てしまう温泉です。

お風呂には既に沢山の人がいて、きちんと数えた訳ではありませんが40人ほどいるかんじです。

とはいえ、湯船がいくつもあり、広さもそれなりにあるので芋洗いという状態にはならず、ゆっくりと温泉を味わうことができます。

今朝もそうですがそれなりに寒くなってきたので、強食塩泉に一時間ほど漬かっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

充分朝風呂が堪能でき満足したので、東鷲宮8時19分発の上野行き電車に乗り、帰りは少し遠回りして、上野に出て駅弁を購入してから10時に帰宅しました。

クリックすると元のサイズで表示します

上野駅で仙台駅の駅弁を買って帰るのも少し変ですが、おいしくいただき満腹になると夕方までお昼寝となりました。

0




AutoPage最新お知らせ